セラミックが欠けてしまった。原因は?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

セラミックが欠けてしまった。原因は?

審美性に優れているだけでなく、耐久性にも優れているセラミック。割れやすいレジンをカバーする耐久性という特徴を兼ね備えているセラミックを考える方も多いのではないでしょうか。しかしセラミックだからといって、絶対に割れないとは限りません。ではセラミックが欠ける、割れるといった原因は何が考えられるのでしょうか。

セラミックが割れてしまう原因とは?

美しさと耐久性が特徴のセラミックですが、人工の素材はやはり天然には適いません。セラミックが割れることはあまりありませんが、使い方やアクシデントにより、再治療が必要になることがあります。

・口元をぶつけた・・・誤って口元をぶつけてしまうことで、セラミックが欠けたり割れてしまうことがあります。これは天然歯にも同じことが言えますが、口元をぶつけることで最も多いのが、前歯の破損です。物理的なことで仕方ないとはいえ、目立つ前歯が欠けてしまうと、精神的にもダメージが大きくなってしまいます。

・非常に固いものを噛んだ・・・奥歯は審美性よりもしっかり噛むことが重要視されます。健康な天然歯や銀歯は硬いものを噛んでも割れることはまずありません。しかしオールセラミックやハイブリッドクラウンなどは強度に若干不安があるため、固いものを噛んで割れてしまうことがあります。

・歯ぎしり、食いしばり・・・無意識に継続的に行ってしまう歯ぎしりや食いしばりは、歯に大きな負荷を与えてしまいます。そしてその負荷は当然、被せ物にも影響を与えてしまうため、セラミッククラウンなどは割れてしまう可能性が高くなります。

・噛み合わせが悪い・・・噛み合わせの悪さは噛む機能だけでなく、体の不調にも繋がります。肩が凝る、頭痛がするなどの不定愁訴は、噛み合わせの悪さが原因の場合があります。そして噛み合わせや被せ物にかかる負担が大きいと、セラミックが欠けてしまうことがあります。

セラミックが欠けてしまったら?

割れることはないと思っていたセラミックが突然割れたり、アクシデントによってかけてしまうとびっくりすると同時にショックを受けてしまわれることでしょう。

セラミックがこのような状態になった場合、早急にセラミックを作製、装着した医院を受診してください。恐らく再作製になるものと思われますが、医院により保証期間が設けてある場合があります。どんなに優れていても人工物は壊れてしまう可能性があります。特に歯ぎしりや食いしばりは歯にとても大きなダメージが加わります。日常生活で改善できることは意識して改善するようにしてみましょう。噛み合わせがおかしいな、と感じたときも、早急の受診をお勧めします。

 

当院のセラミック治療についてはこちら