治療は最後まで必ず行いましょう|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

治療は最後まで必ず行いましょう

虫歯治療をはじめとした歯科治療は、必ず最後まで治療を受けなければいけません。特に根の治療である根管治療は、痛みが治まると治療に来なくなる方が少なくありません。治療を途中で止めることで、痛みがぶり返すだけでなく、歯を失ってしまう恐れがあります。

根の治療はなぜ大切?

虫歯は少しずつ進行し、はじめは感じなかった痛みを感じ始めます。この頃は「あれ?虫歯かも?」という程度の痛みですが、だんだんと痛みが増し、ズキズキと夜も眠れないくらい痛み出した頃には神経までむし歯が達した状態になっています。この状態まで虫歯が進行すると、歯をたくさん削って神経や血管が通っている歯髄という部分を消毒しなければいけません。これが根管治療で、虫歯治療の中で最も多いと言われています。

根の治療は一度では終わりません。洗浄と消毒を繰り返して根の中が完全にきれいになるまで通院が必要です。そしてだんだん根の中がきれいになり、痛みや腫れも落ち着いてきます。根の中がきれいになったのを確認できたら根の中を最終的な薬で詰めて土台を立て、セラミッククラウンなどの被せ物を被せて治療を終えることになります。

根の治療は、歯を残すための、非常に大切な治療です。根の治療を最後まで行うことで、大切な歯を失わずに済むのです。

根の治療、放置しないで

きちんと根の治療を行い、クラウンを被せた歯は再び噛む機能を取り戻すことができるようになります。しかもご自身の歯を残すことができるわけですから、しっかりと噛むことができるのです。

ところが、根の治療を途中で止めてしまう方が残念ながら少なくはないのが現状です。その原因はやはり「痛みがなくなったから通うのを止めた」ではないかと考えられます。根の治療を途中で止めてしまうと、せっかくきれいになりかけた根管内部に再び細菌が入り込む、あるいはまだ根管内部に残っている細菌が活動を始めてしまうなど、虫歯が悪化する恐れがあります。根管治療を途中で放置してしまうと、そのたび歯を削って治療を繰り返すため、だんだん歯が薄くなってしまい、最終的に歯を失ってしまう恐れがあります。

歯周病治療もきちんと行いましょう

根管治療以外にも、途中で止めてしまう治療があります。それは歯周病治療です。歯周病は痛みがあまりないため、自覚症状があまりありません。しかしたまたま歯石除去やクリーニングの際に歯周病検査を行った結果、歯周病が進行し、深刻な症状であるケースも非常に多く見られます。歯周病が進行している方は指示に従い、決められたスパンで歯周病治療を受ける必要があります。

しかし残念ながら、歯周病治療も途中で放棄してしまうパターンが多く、歯を失う原因として挙げられます。

治療が必要と診断されたら、必ず治るまで、または継続して治療を受けるようにしましょう。このことが、ご自身の歯で食事を楽しむ最大の秘訣になるのです。

 

当院のセラミック治療についてはこちら