仕上げ磨きしても次から次へと虫歯ができるのはどうして?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

仕上げ磨きしても次から次へと虫歯ができるのはどうして?

可愛いお子さんの歯を虫歯から守るために、親御さんは一生懸命仕上げ磨きを頑張っておられることと思います。

 

しかし、ひとたびお子さんの歯が虫歯になると、次から次へと新たな虫歯が作られてしまう傾向があり、親御さんにとっては「毎日仕上げ磨きしてるのになぜこんなに虫歯ばっかりできるんだろう」と悲しくなってしまうかもしれません。

 

小さなお子さんの歯はまだまだ脆く、虫歯になりやすい状態です。今回は、次から次へと虫歯ができてしまうのはどうしてなのかについて、お話をしたいと思います。

 

歯質が弱い子どもの歯

 

乳歯は永久歯が生えてくるまでの間に色々な役割を果たします。しかしまだまだ未熟な乳歯はエナメル質が薄く、成人の約半分位の薄さと言われているため酸に弱く、虫歯菌が活発に活動すると、あっという間に虫歯になってしまいます。

 

乳歯が役目を終えた後は、一生を共にする永久歯が生えてきます。永久歯は乳歯に比べるとエナメル質が強いですが、それでも生えたての永久歯は成人の永久歯に比べるとまだ弱い状態です。

 

どうして虫歯になるの?

 

お腹の中にいる間や、生まれてすぐの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在しません。虫歯菌は細菌のため、ひとたびお口の中に入ると、細菌感染としてお口の中に棲みついてしまいます。

 

ではなぜ無菌状態だった赤ちゃんのお口の中に虫歯菌が入り込んでしまうのでしょうか。その大きな原因は、離乳食などが始まり、大人の使ったお箸やスプーンなどを使うことで、細菌感染してしまうのです。

 

また唾液からも感染します。唾液が飛ぶことで飛沫感染として赤ちゃんのお口の中に虫歯菌が入り込んでしまうのですが、それは生活をする以上、避けられない問題であり、どんなお子さんでも細菌感染の可能性はあるのです。

 

子どもの虫歯は進行しやすい

 

虫歯になってしまう原因はひとつではありません。砂糖がたくさん含まれているお菓子などをたくさん食べてしまう、虫歯菌が存在する、だらだらと際限なく食べるという条件に、お子さんの歯質の弱さが加わることで、あっという間に虫歯が作られてしまいます。

 

と言うのも乳歯や生えたばかりの永久歯は脆いため、虫歯菌が作り出す酸にとても弱いのです。

 

またお子さんは歯の痛みをなかなか訴えないことが多いため、お子さんが痛みを訴えたころには歯に大きな穴が開いていたり、ところどころ黒くなっている歯が見つかったりするケースが多いのです。

 

仕上げ磨きは絶対ではない?

 

仕上げ磨きはとても重要です。特にまだ上手に磨けない、小さなお子さんの歯を虫歯から守るためには、親御さんの仕上げ磨きが欠かせないのです。

 

仕上げ磨きが大嫌いなお子さん、多いですよね。毎晩の仕上げ磨きの時間が憂鬱で、という保護者の方の声を聞くことも多く、嫌がって逃げるお子さんを追いかけ、必死で仕上げ磨きをするのはお子さんの歯を虫歯から守るため、心を鬼にして仕上げ磨きをされていることと思います。

 

しかし毎日お子さんと格闘しながら頑張って仕上げ磨きをしているにもかかわらず、幼稚園や学校の検診で虫歯があると言われると、今まで苦労しながら仕上げ磨きしてきたのに、どうして?と思うかもしれません。

 

また虫歯治療をして毎日仕上げ磨きをしているにもかかわらず、次から次へと虫歯ができてしまうお子さんもいらっしゃいます。

 

これは仕上げ磨きが不足しているわけではなく、既にお口の中が虫歯ができやすい環境になってしまっているのが大きな原因です。

 

虫歯菌がいちどお口の中に入り込んでしまうと、一生棲みついてしまううえに、取り除いてゼロにすることはほぼ不可能です。次から次へと虫歯ができてしまうお子さんは、たくさんの虫歯菌が活動しやすいお口の環境になっており、歯磨きや仕上げ磨きだけでは簡単に虫歯になってしまう可能性が高くなってしまっているのです。

 

それでも仕上げ磨きは絶対に欠かせない

 

「じゃあ仕上げ磨きしても意味ないじゃない」と思うかもしれません。しかしお子さんはまだまだ上手にできません。仕上げ磨きは大人の寝る前の歯磨きと同じ意味合いを持っており、一日の汚れをキレイに落として、虫歯菌が活動しにくい環境にすることを目的としています。

 

またお子さんに虫歯ができやすいのは、生活習慣にも問題があるとも考えられます。お菓子の与え過ぎやだらだらと食べ続けていると、どんなに仕上げ磨きを頑張っても虫歯菌が大好きな棲み処になってしまいます。

 

そして乳歯の時代にたくさん虫歯ができると、永久歯に生え変わった際にも虫歯になりやすくなります。虫歯菌が活動しやすい環境が既に整えられている状態は、永久歯になっても続き、極端な言い方をすると、一生続くとも言えます。

 

だからこそ少しでも虫歯リスクを減らすための毎日の仕上げ磨きや寝る前の歯磨きが重要になるのです。

 

可愛いお子さんのお口の健康のためにも、むし歯リスクを減らしてあげましょう。

 

 

当院の小児歯科についてはこちら