目立たない矯正装置について|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

目立たない矯正装置について

歯並びや噛み合わせを改善するには、矯正治療が最も有効です。しかし矯正治療というと、あのお口の中でギラギラ光る装置が思い浮かぶのではないでしょうか。

 

しかし最近は審美面も考慮されるようになり、昔のように金属の装置一択ではなくなってきました。目立たない装置にはいくつか種類があり、特徴も異なります。今回は、目立たない矯正治療法を比較してみました。

 

矯正装置といえばメタル?

 

矯正治療の歴史は長く、昔から歯の矯正というのは行われていました。装置はメタルブラケットとワイヤーで、全ての歯に金属のブラケットを付け、そこにワイヤーを通して歯を動かすという、最もオーソドックスな方法です。

 

メタルブラケットによる矯正は歯をしっかりと動かすことができること、難しい症例でも対応できることから、矯正の標準治療法と言えますが、大きなデメリットはなんといっても装置が目立つことです。口を開けたらギラギラと装置があるため、つい目がいってしまいがちになります。

 

今はコロナ禍でマスクが手放せないため装置を隠すことができますが、マスクを取ったときに、やはり装置が目立つのが気になるという方も多いでしょう。

 

このように、矯正装置といえばギラギラのメタルと言うイメージが強く、目立つことに抵抗を感じて矯正に踏み切れない、という方も依然として多いのではないでしょうか。

 

普及している「目立たない治療法」

 

歯の美しさを求める方が増えており、矯正治療によって乱れた歯並びを美しく整えたいというのもその一つです。昔はメタルブラケット一択だったのが、近年は目立ちにくい矯正装置によって、矯正治療期間を気にせずに過ごすことができるようになってきました。

 

矯正治療は長い期間が必要になるため、ストレスも感じてしまうこともあるでしょう。そのストレスが見た目であった場合、非常に大きなストレスを感じるのではないでしょうか。

 

最近の「目立たない矯正装置」なら、矯正期間中の見た目のストレスを軽減し、矯正期間中のストレスを軽減することができると思います。

 

では次に、目立たない矯正装置とその特徴を比較してみましょう。

 

1.裏側矯正

 

裏側矯正は、歯の裏側にブラケットとワイヤーを通して歯を動かす方法です。歯の裏側に装置を付けるので、表側からは全く装置が見えません。目立たないというよりも、見えない矯正といったほうがいいかもしれません。

 

ブラケットとワイヤーを付けて歯を動かしていくので、表側矯正と同じです。ただ裏側矯正は高度な技術を必要としているため、裏側矯正で治療をしたい方は、裏側矯正を得意として実績が多い医院を選ぶことが大切です。

 

また裏側矯正は矯正治療の中で最も高額な費用になり、金銭面で負担がかかります。

 

2.マウスピース矯正(インビザライン)

 

取り外し式のマウスピースを使った矯正治療です。透明なマウスピースを取り替えながら歯並びを少しずつ整えます。マウスピースが透明なため、近くで見ても矯正装置が付いていることがほとんどわかりません。

 

ただマウスピースにズレがあったりすると、近くで見るとマウスピースをはめていることがわかることがあります。これは歯が順調に計画通り動いていないことを意味しているため、マウスピースは一日に決められた時間装着すること、マウスピースをきちんと交換することが大切です。自己管理が必要になるため、自分で管理をすることが苦手な方には不向きです。

 

また難症例に対して対応できないということもあります。

 

3.目立ちにくい素材を使った表側矯正

 

メタルブラケットではなく、セラミックブラケットやホワイトワイヤーといったメタル以外の素材を使った表側矯正があります。効果はメタルの装置と同じで、歯をしっかり動かすことができます。ただ「目立たない」というよりは「目立ちにくい」といったニュアンスであるため、裏側矯正やマウスピース矯正よりは装置を付けていることが分かります。

 

このように、矯正装置には目立たないもの、目立ちにくいものがあり、それぞれの症例や治療方針によって治療法を決めます。昔のように装置が目立つから、という心配が少なくなったのは、矯正治療を始めるうえで大きな後押しとなるのではないでしょうか。

 

固定式と取り外し式との違い

 

表側矯正と裏側矯正は固定式の装置で、矯正治療が終了するまで装置を外すことはありません。食事や歯磨きも装置を付けたまま行いますので、日常生活で不便を感じることはあります。ただ自分で調整をすることはありませんので、自己管理の煩わしさがないのがメリットです。

 

いっぽうインビザラインなどのマウスピース矯正は取り外し式の装置で、食事や歯磨きもマウスピースを取り外して行えます。お口の健康管理もしやすいため、むし歯リスクが低いのが特徴です。

 

ただし自己管理が必要です。マウスピースを外したら長時間外しっぱなし、失くしてしまいそうという方には向きません。

 

このように、目立ちにくい、見えない装置を使っても大きな違いが生じます。歯並びを治したい方は、目立ちにくい装置を選択肢に入れながら、どの方法がご自身にいちばん合っているのかよく相談しましょう。

 

 

当院の矯正治療についてはこちら