虫歯じゃなくても心配な「酸蝕症」と「咬耗症」について|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

お知らせ

虫歯じゃなくても心配な「酸蝕症」と「咬耗症」について

お口の中に起こるトラブルといえば、虫歯と歯周病が挙げられます。どちらも歯を失う可能性がある病気ですが、虫歯と歯周病以外にも、「酸蝕症」や「咬耗症」といった、歯やお口の健康に影響を与えるものがあります。

では酸蝕症および咬耗症とはいったいどんな病気なのでしょうか。

 

歯を溶かすのは「酸」

 

ご存じのように、歯の表面は硬いエナメル質で覆われており、ちょっとやそっとで削れたり溶けたりすることはありません。

 

では何が硬いエナメル質を崩すのでしょうか。それは「酸」です。「酸」で歯が溶けるのは、まず虫歯です。虫歯は、ミュータンス菌をはじめとした虫歯菌がプラークに棲みついて酸を作り出します。この虫歯菌が作り出す酸によってエナメル質が溶けていくのです。

 

虫歯の場合、痛みが出てくるのでわかりやすいと思います。そのまま放置すると虫歯が進行して激しい痛みが起こりますので、とてもわかりやすいサインだと言えます。

 

しかし、歯を溶かすのは虫歯だけではありません。歯を溶かす酸をたくさん摂ることで、エナメル質が溶けてしまうのです。

 

酸によってエナメル質が溶ける「酸蝕症」とは?

 

酸蝕症とは、飲食物に含まれる酸を大量に摂取することで歯の表面が溶ける病気です。近年では虫歯、歯周病に次ぐ第三の疾患として危惧されている病気でもあります。

 

私たちが口にする飲食物には酸が含まれているものが非常に多くあり、摂取の仕方によっては歯が溶けてボロボロになってしまう恐れがあります。

 

私たちのお口の中は唾液の働きにより中性を保っていますが、飲食後は酸性に傾きます。酸性の状態を中和させてエナメル質が溶けるのを防ぎますが、酸性の状態が続くとエナメル質が溶け始めます。

 

酸性度の高い酢や柑橘類などを頻繁に摂取していると、知らない間にエナメル質が溶けていきます。そのためエナメル質が薄くなり、中の象牙質が透けて歯が黄色く見えてしまいます。

 

また逆流性食道炎や胃液が頻繁に上がってくる方も、お口の中が強い酸にさらされて歯が溶けやすくなってしまいます。

 

虫歯は虫歯菌が活動する歯だけが罹患しますが、酸蝕症は虫歯菌の働きではなく、お口全体に酸の影響を受けるため多くの歯が溶けやすいという懸念点があるので気を付けなければいけません。

 

酸蝕症で気を付けるべきこととは?

 

酸蝕症でエナメル質がたくさん溶けてしまうと知覚過敏のような症状が出てしまいます。これを防ぐためには、酸性の飲食物の摂り方に注意することです。長時間ダラダラ口にしないこと、酸性のものを摂取したあとは水を飲むなど、お口の中の酸を中和させるようにすることが大切です。

 

歯をすり減らすのは「摩擦力」

 

エナメル質がダメージを受けるのは酸だけではありません。エナメル質は人間の組織の中で最も固いと言われていますが、それでもダメージを受けることによりエナメル質が壊れてしまいます。

 

酸以外にエナメル質がダメージを受けるのは、摩擦です。固い歯同士がぶつかることでエナメル質が摩耗し、すり減ってしまいます。歯ぎしりや食いしばりといった無意識のクセも、咬耗症に繋がってしまいます。

 

日常の飲食による咀嚼は問題ではありません。しかし歯と歯を常に接触させ、そこに強い力が加わるとエナメル質がすり減ってしまうのです。

 

特によく見られるのは前歯です。歯の先端が平らになり、中の象牙質が見えてしまっているのが特徴です。痛みは特に感じないため、エナメル質がダメージを受けていると気づきにくいでしょう。

 

咬耗症はどちらかといえば若い人にはあまり見られず、年齢を重ねた方に起こりやすい疾患です。歯が長い年月をかけてすり減り、気が付けば若いころの歯の形態と違うかも?と気付くこともあるかもしれません。

 

自覚症状が出てきたら?

 

咬耗症はエナメル質がすり減って歯の先端が平らになる程度なら痛みは感じません。しかしエナメル質がすり減って象牙質が露出すると、冷たいものがしみるなどの自覚症状が出始めます。虫歯ではないためそのまま様子を見るということもありますが、さらにエナメル質がすり減ると神経が露出されてしまいます。そのため冷たいものだけでなく、熱いものもしみるようになると日常生活に影響が出てしまいます。

 

咬耗症でしみるなど症状が出てきたら、まずはレジンですり減った先端部分を埋めるのが一般的な治療法です。

 

しかし前歯同士が強く噛み合うと、埋めたレジンが取れてしまうこともあり、頻繁に再治療が必要になるケースも否定できません。

 

最悪の場合、神経が露出して神経を取り除かなければならないこともあります。咬耗症を治すというよりは、対処療法になると言えるでしょう。できるだけ歯を接触させずに日常生活を過ごすことがポイントとなります。

 

酸蝕症、咬耗症ともに日常生活だけでなく、歯の健康にも大きな影響を受けてしまう病気と言うことを知っておくようにしておくと、歯を長持ちさせることに大きく繋がるのではないでしょうか。

 

当院の虫歯治療についてはこちら