インビザラインが虫歯になりにくいのはどうして?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

インビザラインが虫歯になりにくいのはどうして?

目立たずに歯並びと噛み合わせを整えることができるインビザラインが人気を集めています。治療が終わるまで装置をつけたまま過ごさなければいけないワイヤー矯正は食事や歯磨きがしにくいですが、インビザラインは取り外し式のため、日常生活が送りやすいことが人気の理由です。

 

またインビザラインは虫歯になりにくいと言われており、矯正中の虫歯リスクを低減させる効果もあります。ではなぜインビザラインは虫歯になりにくいのでしょうか。また絶対に虫歯にならないのでしょうか。

 

矯正前と変わらない生活を送ることができるインビザライン

 

気になる歯並びや噛み合わせを治すには、矯正装置を使った矯正治療が必要です。その方法として、歯にブラケットを付け、ワイヤーを通して調整しながら歯を動かすワイヤー矯正と、治療計画に沿って作製したマウスピースを交換しながら歯を動かすマウスピース矯正があります。

 

昔はワイヤー矯正一択でしたが、矯正治療法が多様化を見せる中で、取り外し式のマウスピースを使った矯正治療が近年注目を集めています。

 

その中でもアメリカに本社があるインビザラインは、世界的シェアナンバーワンで、日本国内においても多くの医院が取り扱っており、エビデンスも多いことから最も信頼がおけるマウスピース治療でもあります。

 

インビザラインの良さは、なんといっても取り外しができるため矯正治療前と同じような生活を過ごすことができることです。

 

ワイヤー矯正は矯正治療が終わるまで装置を付けたまま過ごします。そのため食事や歯磨きがし辛く、生活面で不便さを感じる方がほとんどです。これまでお口の中になかった装置が入り、慣れるまで戸惑いを感じることでしょう。

 

これに対しインビザラインは、食事や歯磨きの時はマウスピースを外します。何もついていない状態、つまり矯正前と同じ状態で食事や歯磨きが行えるため、ストレスを感じることなく日常生活を過ごすことができるのは、とても大きなメリットであると言えるでしょう。

 

ワイヤー矯正とインビザラインにおける虫歯リスクの比較

 

同じ矯正治療でも、ワイヤー矯正とインビザラインでは発症リスクが違います。その違いは、やはり歯磨きのしやすさとし辛さにあります。

 

ワイヤー矯正は、歯の表面につけてあるブラケット周囲に汚れが残りがちになります。前歯から小臼歯くらいまではまだ汚れを落としやすいですが、大臼歯のあたりは歯ブラシが届きにくく、汚れがきれいに落としにくいため汚れが残ったまま毎日を過ごすことになります。

 

また歯と歯の間はフロスや歯間ブラシを使って汚れを落としますが、ワイヤーが通っているためフロスが非常に通りにくいのがワイヤー矯正のネックです。

 

そのため矯正治療中に歯と歯の間に虫歯ができてしまうことがよくあり、気づかないまま矯正治療を終えて装置を外したら虫歯だらけだった、という声がしばしば聞こえます。

 

いっぽうインビザラインは周知のとおり、マウスピースを外して歯磨きすることができます。歯にブラケットのような装置がついておらず、これまでと同じように隅々まで歯ブラシの毛先が届くことができるため、しっかりと汚れを落とすことが可能です。

 

またフロスも歯間ブラシも通すことができるため、歯と歯の間にできやすい虫歯リスクを抑えることができます。

 

特に大人の虫歯の場合、子どもと違って歯と歯の間にできやすいという特徴があるため、大人になってからの矯正は特に歯間部に気を付けなければいけません。歯間の虫歯リスクを抑えるには、フロスや歯間ブラシの使用が欠かせないのです。

 

このように比較すると、ワイヤー矯正よりもインビザラインのほうが虫歯になりにくいのがよくおわかりいただけると思います。

 

インビザラインでも虫歯になることはあります!

 

ではインビザラインなら絶対虫歯にならないのでしょうか。答えは「NO」です。インビザラインは虫歯リスクを抑えられる矯正治療法ということであり、虫歯予防という効果を併せ持つものではありません。

 

というのも、歯磨きをきちんとしておかないと、唾液の循環をストップするため虫歯リスクを高める可能性があるからです。

 

唾液には殺菌作用があり、虫歯菌などを洗い流す作用があります。ワイヤー矯正の場合、常に歯が唾液で潤っており、虫歯菌などの細菌を洗い流してくれます。しかしインビザラインの場合、マウスピースをはめることにより唾液の循環がストップします。

 

そのため磨き残しがあると、虫歯菌をマウスピースで閉じ込めてしまう上、唾液循環がストップすることでかえって虫歯リスクを高めてしまう結果を招いてしまいます。

 

食後やマウスピースをはめる前は、しっかりと汚れを落としましょう。

 

なおマウスピースを装着したまま糖分を含んだ飲み物を飲むのは禁止です。マウスピースのすき間から糖分が入り込んでしまうため、虫歯リスクを高めてしまいます。糖分の入った飲み物を飲むときは必ずマウスピースを外してから飲むようにして下さい。

 

インビザラインの利点を生かし、虫歯を作らないように過ごしましょう

 

お話したとおり、ワイヤー矯正とインビザラインでは虫歯リスクが異なります。しかし過ごし方によってはインビザラインでも虫歯になってしまうことがあります。取り外し式という最大の利点を生かし、矯正期間中は虫歯を作らないように過ごして下さいね。

 

当院のインビザラインについてはこちら