差し歯やブリッジがあっても矯正治療はできるの?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

差し歯やブリッジがあっても矯正治療はできるの?

ガタガタの歯並びや噛み合わせの乱れを改善するためには、矯正装置を装着して力を加えながら、少しずつ歯を動かしますが、中には差し歯やブリッジが入っている方もおられるでしょう。

 

矯正治療をしたいけど、差し歯やブリッジがあると矯正できないのでは?と不安に思う方もおられるかもしれません。では差し歯やブリッジがあっても矯正治療はできるのでしょうか?

 

差し歯があっても矯正治療はできます

 

差し歯は、神経を取り除いた歯に土台を立て、その上に型取りをして作製した被せ物を被せて修復した人工歯のことを言います。

 

根管治療を行って歯を残し、その上に差し歯や被せ物を付けて噛む機能を取り戻すため、治療後は再びしっかりと噛めるようになります。

 

矯正治療は歯の根元から動かすため、根っこがご自身の歯のものであれば、矯正治療で歯を動かすことができます。そのため差し歯があっても基本的に矯正治療を行うことは可能です。

 

基本的にブリッジがあっても矯正治療は可能

 

ブリッジは、失った歯の両隣の歯を支えにして、3本以上の繋がった人工歯を装着する方法です。こちらも支えとなる歯はご自身の歯となるため、当然歯や根っこは残っています。

 

歯の根っこが残っていれば矯正治療はできますが、ブリッジの場合注意が必要です。失った歯が1本の場合、ブリッジを外して失った部分のスペースを生かして歯並びを整えることが可能です。

 

しかし失った本数が多く、大きなブリッジを装着している場合はブリッジを外した後、いったん仮のブリッジを装着して矯正治療を進めるため、日常生活に少し違和感を感じるかもしれません。

 

また仮歯は接着力が俺ほど強くなく、矯正治療中に仮歯が取れてしまうことがあります。また仮歯は天然歯よりも接着剤が付きにくいため、矯正治療中にブラケットが取れてしまうこともしばしば起こる可能性があります。

 

なおインプラントはインプラント体を顎の骨に結合させているため装置を付けても動かすことはできません。

 

差し歯を作る前の土台のままでも矯正治療はできますか?

 

中には差し歯を作る直前の工程である土台のまま過ごしている方もおられるかもしれません。何らかの理由で差し歯を外し、様子を見ているということが考えられますが、このようなケースでも矯正治療ができないことはありません。

 

ただインビザラインなどのマウスピース矯正の場合、3か月ほど先の分までアライナーが作製されます。この途中で土台のままだった部分の差し歯を作製すると、アライナーが入らなくなります。このようなケースはあまりありませんが、もし土台のままで過ごす必要がある場合、矯正治療が終わってから差し歯の作製をすることになります。

 

また前歯など目立つ部位は仮歯を入れてから矯正治療を行います。

 

差し歯やブリッジがある場合における矯正治療の注意点とは?

 

差し歯や大きくないブリッジがお口の中にあっても矯正治療は可能です。天然歯と同じようにブラケットやマウスピースを装着して歯を動かしますが、差し歯やブリッジを取り外して仮歯で矯正治療を行う場合、最も注意すべき点はお口の中の衛生環境です。

 

矯正治療中、特にワイヤー矯正は歯磨きがし辛いため虫歯リスクが高まります。そこに差し歯やブリッジがあると、歯と被せ物の境目に汚れが溜まりやすく、プラークが作られて細菌の温床となってしまいます。

 

そのため被せ物の中で虫歯が作られる二次カリエスのリスクが高まります。被せ物の中で二次カリエスが起きると痛みは感じないものの、根の先に膿が溜まって噛むと違和感がある、被せ物が浮き上がってきたなど矯正治療に影響が出てしまう可能性があります。

 

インビザラインはアライナーを外して歯磨きができるためワイヤー矯正ほど二次カリエスのリスクは高くありませんが、差し歯やブリッジを外した仮歯の周囲は念入りな歯磨きが必要です。

 

なお仮歯の場合、フロスを通すことで仮歯が取れてしまうことがあります。もし仮歯が取れてしまったらすぐに医院へ連絡しましょう。

 

矯正治療中はお口の中の衛生管理に気を付けなければいけません。特にワイヤー矯正の場合、差し歯の周囲だけでなく天然歯への虫歯リスクが高まるため、注意が必要です。

 

差し歯やブリッジがある場合の矯正治療は特にお口の中をキレイに保ちましょう

 

差し歯やブリッジがあっても矯正治療は可能です。しかし人工歯がある場合、天然歯よりも気を付けなければいけない部分が出てきます。特に二次カリエスのリスクが天然歯よりもやや高くなるため、念入りな歯磨きはもちろん、定期的なクリーニングが欠かせません。

 

また差し歯やブリッジ、仮歯はブラケットが取れやすいという欠点があることを理解しておきましょう。

 

 

当院の矯正治療についてはこちら