インビザラインの痛み、どのくらい続く?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

インビザラインの痛み、どのくらい続く?

矯正治療を始めると必ず感じるのは「痛み」です。この痛みは、矯正装置によって歯が動く際に起きる痛みで、歯が動いている証拠でもあります。

比較的痛みを抑えることができるインビザラインでも痛みは起こります。ではインビザラインでの痛みは、どのくらい続くのでしょうか。

矯正治療に伴う「痛み」とは?

矯正治療を始めると、歯の痛みは当然ついてくるものです。歯が痛いということは、歯がきちんと動いているという証でもあり、「痛いのは歯が動いている証拠。がんばろう」と自分に言い聞かせながら治療を頑張られることと思います。

しかしあまりに歯が痛いと、矯正治療を続けられるかどうか不安になることもあるのではないでしょうか。またそれは、歯が動く痛みだけではないこともあります。では矯正治療における痛みには、どんな種類が考えられるのでしょうか。

1.歯が動く痛み

インビザラインでもワイヤー矯正でも、矯正治療に伴う痛みといえばやはり歯が動く痛みです。装置を付けることで歯に力を加え、骨の吸収と再生が繰り返され、歯が動くという仕組みになっています。

この力を加えるのは、ワイヤー矯正ではワイヤーを調節したとき、インビザラインでは新しいアライナーに交換したときに痛みを感じやすくなります。この痛みは必ずといっていいほど起こる痛みで、歯が動いているという証でもあり、心配のない痛みです。

ワイヤー矯正に比べ、インビザラインは比較的痛みが出にくいと言われています。

2.装置が粘膜に当たる痛み

歯が動くこと以外に痛みを感じる場合、何らかのトラブルが考えられます。最も多いのは、装置が粘膜に当たることで歯ぐきに傷がいくことによる痛みです。ワイヤーの場合はブラケットが唇の粘膜に当たり、傷となって口内炎になってしまうことがあります。

インビザラインなどのマウスピース矯正は、マウスピースの辺縁が歯ぐきに当たって痛みを伴うことが考えられます。インビザラインは精密な形状で作られていますが、それ以外のマウスピースは作りの特徴上、歯ぐきに傷がつきやすいものが多く見られます。口内炎になると痛みがかなり強く出てしまって食事もままならなくなります。矯正装置が粘膜に当たって痛みが出たときや口内炎ができてしまったら、早めに受診しましょう。

3.矯正に伴う抜歯後の痛み

矯正治療を行う際、歯を正しい位置に並べるためのスペースを確保することを目的とした抜歯を行うことがあります。抜歯の部位は親知らずか小臼歯で、状況に応じて必要と判断されます。

健康な歯を抜くのですから、抜歯後は当然痛みを伴います。抜歯後の痛みは日にちとともに和らいでいきますが、1週間くらいはズキズキとした痛みに悩まされることが多いようです。痛みが出にくいインビザライン

矯正治療を始めると、痛みはどうしても出てくるものです。そんな中、インビザラインは比較的痛みが出にくいと言われている治療法です。

インビザラインは、アライナーを交換することで歯を動かすことができますが、1か月に動かせる歯の量は約0.2ミリです。アライナーを見た感じでは、前のアライナーとどう違うのか見ても分かりにくいと思います。

1か月に0.2ミリしか動かないとはいえ、新しいアライナーに交換した際は、締め付けられるような痛みを感じます。特に初めてアライナーを装着したときは、今までに経験したことのない痛みを感じる方がほとんどです。

それでもワイヤー矯正に比べると、痛みが抑えられるインビザラインは痛みが心配な方に向いている治療法だと言えるでしょう。

インビザラインの痛みはいつまで続く?

基本的に、インビザラインによる痛みはそれほど長く続かないと言われています。アライナーを交換した直後はしめつけたような痛みを感じることがほとんどですが、それでも一両日中で治まることがほとんどです。

ただ長い間アライナーを付けておらず久しぶりに装着した場合、強い痛みが出ることがあります。

また慣れるまでは、アライナーの取り外しの際に痛みを感じることがあります。特に初めてアライナーを外す際、痛くてなかなか外せない、という声をよく聞きます。慣れるとコツが掴め、時間もかからなくなりますが、慣れるまではアライナーの取り外しが怖いと感じることもあるようです。

そして痛みがアライナーの辺縁によるものの場合、歯ぐきなどの粘膜に傷がついている可能性があります。傷による痛みは苦痛を伴いますので、早めに受診しましょう。

インビザラインで痛みが続くときは、早めに受診を

比較的痛みを感じにくいインビザラインですが、ほとんどの場合一過性のものであり、心配はいりません。

歯の動く痛みが辛い場合は、痛み止めを飲むことで痛みを緩和できます。痛み止めを飲むのはちょっと、と躊躇してしまうかもしれませんが、矯正治療は痛みを伴うため、痛いときは薬を飲んで対処しましょう。

また口内炎などができると非常に強い痛みを伴い、食事もままならなくなります。痛みの原因は何なのかを知るためにも、痛みが出て心配な場合は、治療中の医院に問い合わせて頂くことをお勧めします。

 

当院のインビザラインについてはこちら