部分矯正で治せるのはどんな症状?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

部分矯正で治せるのはどんな症状?

矯正治療は歯全体を動かし、歯並びや噛み合わせを整えます。歯に弱い力を加えながら全体的に歯を動かすため、時間もかかり、費用も高くなってしまいます。これに対し、部分矯正は気になる部分だけを動かして歯並びを改善させるため、全体的な矯正と比べると治療期間も費用も大幅に減らすことが可能となります。

ではこの部分矯正で治せるのは、どのような症例でしょうか。

全体矯正と部分矯正の違いとは?

同じ矯正治療でも、歯を全体的に動かして歯列や噛み合わせを整える方法を全体矯正と言います。デコボコの歯並びを治す、出っ歯や受け口を改善するといった場合、奥歯も動かして歯並びを整えていきます。また歯を並べるスペースがない場合、必要に応じて抜歯をしてスペースを作り、歯を正しい位置に並べるのも全体矯正となります。

ワイヤー矯正の場合はすべての歯にブラケットを付ける必要があります。マウスピース矯正の場合も、奥歯まで全て歯を覆うマウスピースを使って歯に力を加え、歯を動かしていきます。

ほとんどの症例に対応し、あらゆる歯並びのお悩みに対応できますが、全体的に歯を動かすため、治療期間が長くなり、費用も高くなってしまうのが全体矯正の特徴と言えます。

いっぽう部分矯正とは、気になる部分だけを動かして歯並びを整える方法です。気になる部分というのは、最も気になる部位である前歯です。出っ歯や前歯のすき間、デコボコの歯並びなど、前歯の歯並びで印象が大きく変わります。

特に奥歯の噛み合わせが気にならない、せめて前歯だけでも治したい、という方に部分矯正は向いています。

奥歯は動かさず、前歯だけを動かすため全体矯正と比べると、治療期間が大幅に短縮できます。またその分治療費も抑えることができるため、前歯の歯並びだけを治したい方に適している治療法です。ワイヤー矯正では、動かす部分にだけブラケット付けて歯を動かします。マウスピース矯正は、全体矯正と同じくは全体にマウスピースを被せますが、歯に力を加えるのは前歯のみです。

ただ部分矯正は、対応できる症例に限りがあります。そのため本来なら全体矯正が必要であるにもかかわらず、部分矯正で治すことにより理想の歯並びに届かない、後戻りが起きて口ゴボになってきた、というケースも耳にします。

では部分矯正で対応できるのはどのような症例なのでしょうか。

部分矯正で対応できる症例とは?

では具体的に、どのような症例が部分矯正で対応できるのかを見ていきましょう。

1.軽度の歯並びの乱れ

ガタガタの歯並びというと、歯と歯が重なりあって生えている、歯列から大きくはみ出して並んでいるといった症状を言います。このガタガタした歯並びが全体的にみられる場合は全体矯正が必要となりますが、ごく軽度の症例の場合、部分矯正で対応できることがあります。

2.軽度の出っ歯

出っ歯は前歯の歯並びの乱れの中でも最も多いお悩みではないでしょうか。出っ歯は審美面に大きく影響し、特に横顔の見た目を乱してしまいます。

出っ歯の原因と状態によっては、部分矯正で治すことが可能です。前歯が少し前へ出ている場合や抜歯の必要がないケースなどが、部分矯正で治療できる範囲になります。

しかし出っ歯の原因が骨格によるものの場合、部分矯正で治すことは難しくなります。骨格全体がアーチ状に前方へ出ている場合、全体的な矯正と、それに付随する治療法が必要になり、部分矯正では治すことが困難です。

3.前歯がすきっ歯

歯が小さい、歯と顎の骨の大きさのバランスが悪いなどといったことが原因で起きるすきっ歯も、部分矯正で改善が可能です。

前歯に隙間があると、間の抜けた印象を与えてしまうため、奥歯の噛み合わせに問題がなければ部分矯正で対応が可能です。

4.軽度の受け口

受け口は下の顎が前方へ突き出すため、横顔の審美面を大きく乱します。また奥歯の噛み合わせが合っていないことが多く、発音しにくい、食べ物を噛みにくいなど日常生活にも影響をきたしてしまう不正咬合です。

この受け口ですが、ごく軽度の場合、部分矯正で治すことが可能です。ただ奥歯の噛み合わせに問題がある場合、ある程度受け口は治せても噛み合わせに問題を残してしまう可能性が高くなります。

5.軽度のオープンバイト

前歯が噛み合わずに隙間ができる噛み合わせをオープンバイトと言います。前歯が噛み合わないことから、前歯を使って食べ物を噛み切ることができません。日常生活において、食事が不便に感じることと思います。

オープンバイトの状態が軽度の場合、部分矯正で前歯の噛み合わせを改善させることが可能と判断されることがあります。ただ奥歯は動かさないため、前歯の噛み合わせの改善のみにとどまります。

部分矯正は奥歯を動かさずに軽度の症状に対応できます

ご紹介したように、部分矯正は奥歯を動かすことはできません。また重度の症例を治すことはできないため、部分矯正で治せるのはごく軽度の症例ということになります。

また抜歯を行わない分、歯と歯の間を薄く削る処置が必要と判断されることがあります。そのため冷たいものがしみるなど、知覚過敏のような症状が出ることもあります。

部分矯正は費用も治療期間も抑えることができますが、対応できる症例が限られていること、理想とする歯並びに届かないケースもあることをまず理解しておきましょう。

まずは矯正を専門に行っている医院や専門医に部分矯正で対応できるかどうか相談してみてくださいね。

 

当院の矯正治療についてはこちら