豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科

初めまして。はぴねす歯科緑地公園駅前クリニックです

セラミック治療をご検討されている方に嬉しい明確な料金設定と、なるべく痛みのない治療環境と歯科CTによる精密な検査を実施。短期間でできる部分矯正やホワイトニングをご用意しています。お子様からお忙しい方にも通いやすい環境と施設作りが魅力です。
詰め物や被せ物に関するお悩みや口元の歯並び治療なら当院で。ご希望にあわせて幅広い治療プランをご提案してまいります。

コラム

column
  • 2020/03/28
    歯がしみる場合、ホワイトニングはできる?
    真っ白の歯に憧れてホワイトニングを希望する方が増えていらっしゃいます。しかし誰でもホワイトニングができるわけではありません。ホワイトニングをしたいけれど歯がしみる場合、ホワイトニングをしても大丈夫なのでしょうか。 歯がしみる・・・原因は? 芸能人やモデルのように真っ白な歯は清潔感にあふれ、口元を魅力的に魅せてくれます。しかしどんなにホワイトニングを希望していても、歯の状態によっ……

  • 2020/03/25
    目立つ前歯のすき間、どうやって治せばいい?
      口元のお悩みのひとつに、歯と歯の間のすき間、いわゆる「すきっ歯」があります。特に前歯の場合、すき間があるととても目立ってしまうため、常にマスクが手放せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、前歯のすき間の治療法についてお話いたします。 すきっ歯の原因とは? ひと言ですきっ歯と言っても、前歯の真ん中だけ、あるいは全体にすき間があるケースなど様々です。すきっ歯……

  • 2020/03/23
    アライナー、清潔にしていますか?
    インビザラインで使用する透明のマウスピース「アライナー」は、一日に20時間以上装着するため、どうしても汚れや臭いが気になります。今回はアライナーの衛生維持についてお話いたします。 衛生状態が気になるアライナー インビザラインによる歯列矯正は、1週間にいちど新しいアライナーを交換することで、歯を少しずつ動かしていきます。ブラケットのように固定式ではなく取り外し式のため、お手入れし……

  • 2020/03/20
    昔治療した銀歯が取れてしまった・・・再接着は可能?
    食事中などに急に詰め物が取れて焦ってしまった経験はありませんか?詰め物が取れてしまうと食事がしにくく、しみることもあります。このような場合、取れてしまった詰め物を再度接着することは可能なのでしょうか。 詰め物が取れてしまった原因 虫歯で歯を削った場合、その範囲が広かったり、神経近くまで虫歯が進行していると、レジンでの修復では難しい場合があります。このようなケースでは、型取りを行……

  • 2020/03/12
    ホワイトニングができない人、してはいけない人とは
    歯を真っ白に美しく仕上げるホワイトニングが、年代を問わず人気を集めており、ホワイトニングを扱う歯科医院が増えています。それと同時に、セルフホワイトニングやホワイトニングバーといった、安価で手軽にホワイトニングができる場所も増えています。しかし、中にはホワイトニングを行ってはいけない方もおられ、誤ってホワイトニングを受けたことで重篤な症状に陥ってしまうことがあります。今回はホワイトニングがで……

  • 2020/03/05
    お子さんの仕上げ磨き、いつまで必要?
    お子さんの歯の健康を守るのは、保護者の方の仕上げ磨きです。自分でしっかりと汚れを落としきるのが難しい年齢において、保護者の仕上げ磨きは欠かすことができません。では仕上げ磨きは何歳くらいまで必要なのでしょうか。 酸に弱い、乳歯と生えたばかりの永久歯 お子さんの歯はまだ未熟で、虫歯菌が出す酸によってすぐに溶けてしまいます。お子さんのお口の中に虫歯菌の存在が認められると、食べたものや……

  • 2020/02/27
    可愛い赤ちゃんの歯を虫歯から守るために
    産まれたばかりの可愛い赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌は存在しません。しかし小さな乳歯が生え始め、離乳食が始まると虫歯リスクが生じます。では可愛い赤ちゃんを虫歯から守るためには、どのようにすればよいのでしょうか。 虫歯菌の代表格「ミュータンス菌」は大人から感染する 虫歯菌は歯の表面に付着し、酸を出して歯を溶かして虫歯にします。もし生まれたばかりの赤ちゃんに虫歯菌が入り込んでしまっ……

  • 2020/02/25
    セラミック治療とホワイトニング、どちらが先?
    「銀歯を目立たないようにしたいし、ホワイトニングで歯を真っ白にしたい・・・」歯の色のコンプレックスを解消し、美しい口元に仕上げたい方にとって、どのような順番で行うのが良いのか迷うときがありますよね。ではセラミック治療とホワイトニング、どちらも行いたいときはどの順番で行うのがベストなのでしょうか。 色調を合わす順番が大切 まず知っておかなければならないのは、ホワイトニングはセラミ……

  • 2020/02/20
    ホワイトニング後に歯が痛い・・・!これはなぜ?
    歯を真っ白に美しく仕上げるホワイトニングが人気を集めています。しかし中にはホワイトニング後に歯が痛くなったり、しみるといった症状を訴える方もいらっしゃいます。ではホワイトニング後に起こる歯の痛みは、どのような原因が考えられるのでしょうか。 ホワイトニング後の歯の痛みやしみる症状は、知覚過敏 知覚過敏とは、虫歯でないのに冷たいものなどによる刺激で歯が痛む症状です。軽くしみる程度か……

  • 2020/02/17
    イヤイヤ期の歯磨き・・・どうすればいいの?
    毎日のお子さんの成長に嬉しさを感じる反面、自分の意思表示ができるようになるにつれて訪れる「イヤイヤ期」。特に仕上げ磨きの時間は、保護者の方にとって戦争であり、憂鬱な時間であることと察します。このイヤイヤ期の歯磨き、どうすればよいのでしょうか。 なんでもかんでも「イヤ」! 「ごはん食べよう」「イヤ」「着替えよう」「イヤ」「お風呂入ろう」「イヤ」・・・。2~3歳くらいの。いわゆる「……

  • 2020/02/12
    もうすぐ卒業式そして入学式、キレイな歯で春を迎えましょう
    2月も中旬になり、もう春は間近ですね。学生の皆さんは、卒業式や入学式を控え、慌ただしい毎日をお過ごしのことと思います。制服や教科書などを準備しながら、ふと気が付いていただきたいのは、お口の健康です。プラークがついたままの歯ではなく、キレイにクリーニングをして春を迎えてみませんか? 笑顔の決め手は自然で美しい口元 学生の皆さんは、笑顔に自信がありますか?鏡の前でにっこりと笑ってみ……

  • 2020/02/07
    口腔内カメラ「iTero」って何?
    矯正治療を始める際に必要なことは「装置の型取り」です。歯型採取をしてお口の中のデータを得るために、必ず行う工程です。しかしこの型取りが苦手な方はとても多く、歯型を取るとなると憂鬱になることと思います。しかしインビザラインでの型取りは、従来の型取りとは違った方法で行われます。今回は口腔内カメラ「iTero」についてご紹介したいと思います。 従来の型取りの方法について ワイヤー矯正……

  • 2020/01/29
    以前治療した部分が変色している・・・!対処法は?
    小さな虫歯や欠けた部分は、保険適用のレジンで対応する場合がほとんどです。レジンによる治療はほとんどが一回で終わり、費用も安く抑えることができるため、良く使われる治療法です。しかし年数が経つにつれて、レジンで治療した武運が変色することがあります。どう対処すればよいのでしょうか。 小さな虫歯や欠けた部分を修復するレジンの問題点とは? レジンは樹脂で柔らかく、光を当てて硬化させて修復……

  • 2020/01/27
    歯並びと口呼吸は関係がある?
    歯並びが悪くなる原因は様々です。遺伝など骨格による先天性のものと、日常的な習慣による後天性のものに分けられますが、後天性のものによる原因のひとつに、「口呼吸」があります。では口呼吸をすることで、歯並びにどんな影響が出るのでしょうか。 「口呼吸」によるリスクとは 呼吸は本来、鼻で行います。鼻の中には粘膜と毛があり、鼻からから入った空気の中に含まれるほこりや細菌などを食い止める役割……

  • 2020/01/23
    アンチエイジングに!口元の美しさが与える効果について
    最近、様々なメディアにおいて「アンチエイジング」という言葉を目にする機会が増えています。アンチエイジングとは、簡単に言うと「老いを遅らせ、いつまでも健康と美、若さを保つことへの取り組み」です。アンチエイジングはお肌に対するイメージが強いかもしれませんが、実は口元が与える印象はとても強く、口元のアンチエイジングを行うことで、若く見られることがほとんどなのです。 口元は年齢が現れる重要なパーツ ……

  • 2020/01/22
    乳歯はどんな状態だと抜歯になる?
    可愛らしい乳歯も、成長とともに役目を終える時期がやってきます。永久歯が押し上げることで、根の短い乳歯がグラグラになり、自然に抜け落ちることがほとんどです。しかし中には揺れ動いているのに噛むと痛いケースや、抜けそうで抜けず、長い間そのままのケースなど様々です。では乳歯はどのような状態になったら抜いたほうがいのでしょうか。 抜いたほうがよいケース まず抜いたほうが良いケースとして、……

  • 2020/01/14
    気になる前歯の治療、どうしたらキレイになる?
    前歯はお口の中で最も目立つ部分であり、全体の印象を作り上げる大変重要なパーツです。この前歯が審美的に問題があると、笑顔にも自信がなくなり、相手に与える印象にも影響が出てしまいます。では前歯にコンプレックスがある場合、どんな治療をすれば美しくなるのでしょうか。 レジンで修復する場合 小さな虫歯や先端が欠けてしまった場合、レジンで修復することが可能です。レジンは保険適用のため費用を抑えて治……

  • 2020/01/07
    インビザライン治療中に行うアタッチメント、ディスキングとは?
    インビザラインによる歯列矯正では、ただ単にアライナーを嵌めるだけではありません。より正確に歯を動かすために、治療途中でアタッチメントを装着したり、必要に応じて歯を薄く削るディスキングが行われます。今回は、インビザラインにおけるアタッチメントとディスキングに焦点を当ててお話いたします。 アタッチメントとは? アタッチメントとは、より歯をしっかりと動かすための処置で、動かしたい歯の……

  • 2019/12/28
    年末年始を白く美しい歯で過ごしませんか?
    クリスマスも終わり、もうすぐ年の瀬を迎えます。大掃除などで忙しい日々が続きますが、お口の中の状態はどうでしょうか?新しい年を迎えるにあたって、また自分へのご褒美として、ホワイトニングで白く美しい歯を手に入れてみませんか?   年末近くになると、美容院へ駆け込む人が急増します。これは、美容院ですっきりして新しい年を迎えたいという思いの表れでしょう。では歯科医院はどうでし……

  • 2019/12/27
    着色や加齢が原因でない歯の黄ばみについて
    歯の黄ばみや変色の原因の多くは、日常の飲食によるステインが考えられます。特にコーヒーやカレー、赤ワインなどを好む方は着色が付きやすく、くすみとなって歯に表れてしまいます。しかしこのような飲食物をほとんど摂らないにもかかわらず歯が黄色い場合、何が原因なのでしょうか。 ステイン以外の黄ばみの原因について 日常の飲食物が原因でない歯の黄ばみやくすみ、変色には次のようなことが考えられま……

  • 2019/12/20
    お子さんの歯列矯正の必要性について
    可愛いお子さんの成長は、親御さんにとっての楽しみでもあります。しかし、もし歯並びが悪かったら将来がかわいそう・・・そう思われる親御さんも多いと思います。お子さんの歯並びの悪さは見た目だけでなく、将来の歯の健康維持にも大きく影響してしまいます。今回は、お子さんの歯列矯正の必要性について考えてみたいと思います。 もしお子さんの歯並びが悪かったり不正咬合だったりすると・・・? ガタガ……

  • 2019/12/16
    奥歯の被せ物は銀歯のほうが強い?
    奥歯の大事な役目は、しっかりとした咀嚼です。そのためには強度が大変重要です。根の治療の後に被せる被せ物には強度が重視されますが、強度が強い被せ物には、やっぱり銀歯しかないのでしょうか。 奥歯は審美性よりも強度? 虫歯や細菌感染などで根の治療を終えたあとは、土台を立てて被せ物を装着する治療が必要です。そこで奥歯の被せ物をどんな素材にするか決めなければいけません。 一般的に奥……

  • 2019/12/11
    矯正治療が必要な症例とは?
    歯並びが悪いと、どうしても笑顔に自信を持つことができず、つい手で口元を隠したり、思いっきり笑うことができずに矯正治療をお考えになることがあると思います。しかし、歯並びのわるさだけが矯正治療の対象ではありません。矯正治療の目的は、歯並びを整えること、そして噛み合わせを正しくすることです。では矯正治療が必要な症例とは、どのようなケースでしょうか。 歯列矯正を必要とするケース ・ガタ……

  • 2019/12/07
    差し歯は絶対に変色しない?
    前歯は非常に目立つ場所です。この前歯が虫歯になり、神経まで到達してしまっ、根の治療が必要になります。根の治療終了後、差し歯を装着して治療を終えますが、この差し歯は変色しないのでしょうか。 素材によっては前歯の差し歯は変色する 差し歯の場合、選択肢として保険適用のものと自費のものがあります。一般歯科の場合、保険診療の素材を選択される方が多いかもしれません。犬歯までの前歯の差し歯は……

  • 2019/11/27
    口臭の原因、もしかして被せ物が原因かも?
    人前に出るためのエチケットの中でも最も気になるのが口臭ではないでしょうか。ドラッグストアなどに行くと、たくさんの口臭ケアグッズが売られているのが目に入ります。しかしいくらケアをしても臭いが気になる場合、被せ物に原因があるかもしれません。 しっかり歯磨きをしても口臭が気になるのは? 口臭は自分では分かり辛く、家族などから指摘されてはじめて気づくものです。また口臭が気になって念入り……

  • 2019/11/25
    歯のクリーニングはどこまでキレイになる?
    歯科医院で行うクリーニングは、歯の表面に付着した汚れや着色を落とす効果があります。では同じ歯を白くする方法でも、歯のクリーニングとホワイトニングでは白さや施術などにどのような違いがあるのでしょうか。 歯のクリーニングとは? 私たちの歯は、毎日の飲食により少しずつ色素が沈着するため、気が付くと歯の色が黄ばんでいたり、茶色くなっています。歯の色は笑った時に大変目立つため、黄ばみやく……

  • 2019/11/22
    矯正治療中に虫歯になってしまったら?
    矯正治療中は矯正装置の関係もあり、虫歯ができやすい口腔内環境のため注意して過ごす必要があります。しかし、もし虫歯になってしまった場合、虫歯治療を先に行うべきかどうか迷うこともあるかもしれません。矯正治療中に虫歯ができてしまった場合、どうすべきなのでしょうか。 虫歯は矯正治療中の代表的なリスク 一般的なワイヤー矯正の場合、ブラッシングが行いにくく、フロスも通しにくいため虫歯リスク……

  • 2019/11/18
    お子さんの歯の白濁、放っておいても大丈夫?
    一般的にお子さんの歯は歯質が弱く、酸に溶けやすい、つまり虫歯になりやすいという特徴があります。その前段階として、歯の表面が溶けて白く濁りますが、この状態を放っておいても大丈夫なのでしょうか。 歯質が薄い時期は酸に溶けやすい 乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質が薄く、酸にとても溶けやすくなっています。そのため虫歯になりやすい食生活を送っていると、あっという間に虫歯に進行してし……

  • 2019/11/11
    年齢を重ねるからこそ気を付けたい、歯の色
    歯の色は、年齢を重ねるにつれてだんだん黄ばみやくすみが増してきます。歯の色の変化は、実際の年齢よりもさらに上に見られがちなのです。では歯の色を改善することで、何か変化が起こるのでしょうか。 歯の黄ばみやくすみは年齢を重ねた証 若いころはそれほど気にならなかったのに、最近歯の色が汚くなってきて、人前で笑うのが恥ずかしい・・・こんな経験をした方はいらっしゃいませんか?歯は年齢を重ね……

  • 2019/11/09
    虫歯ではないのに歯が溶ける?
    歯が溶ける病気と言えば、ほとんどの方が虫歯を思い浮かべることでしょう。虫歯は虫歯菌が出す酸によって歯が溶けてしまう病気ですが、虫歯でないのに歯が溶ける病気があることをご存じでしょうか。 歯は「酸」によって溶ける 歯は硬質なエナメル質で覆われており、人体の中で最も固い部位であると言われています。このエナメル質を溶かしてしまう物質は「酸」です。歯は酸によって溶けてしまうため、虫歯菌……

  • 2019/10/25
    ホワイトニングは保険が効かない?
    ホワイトニングジェルを塗布して歯を真っ白に仕上げるホワイトニング。口元の審美志向が高まる中、歯を白くして口元を美しく仕上げるホワイトニングが人気を集めていますが、ホワイトニングは保険が効かないのです。 歯科治療における保険適用とは? 私たちは、歯科や医科を受診するときに健康保険証を受付で提示します。その際、健康保険適用の治療であれば、大人の場合3割負担の金額を窓口で支払います。……

  • 2019/10/24
    歯の隙間が気になって思いっきり笑えない…改善法はあるの?
    口元に関するお悩みは人それぞれ違います。特に前歯の場合、笑った時にとても目立つ部位でもあります。前歯のお悩みは歯並びという方はとても多いかと思いますが、前歯や全体的な歯の隙間に悩む方も実は多いのではないでしょうか。 歯と歯に隙間ができる原因 一般的に「すきっ歯」と呼ばれることが多い歯の隙間は、専門的に「空隙(くうげき)しれつ」と言います。また前歯の真ん中の隙間を「正中離開(せい……

  • 2019/10/21
    小児矯正、第一期とはどんな治療をするの?
    お子さんの歯並びを整える矯正治療には、第一期と第二期があります。「歯列矯正はあのギラギラ光る矯正装置では?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。では小児矯正における「第一期治療」とは、どのような治療のことでしょうか。 第一期治療とは、正しい歯列へ導くための「骨格を整える」治療 歯並びが悪くなる原因のほとんどは、永久歯が正しい位置に並ばないことにあります。永久歯が正しい位置に……

  • 2019/10/16
    自費のセラミックは、すべて同じ素材なの?
    白く滑らかで、耐久性が良いセラミック素材。二次カリエスのリスクも低く、機能性と審美性に優れており、セラミックによる補綴治療を希望する方が増えています。ところでセラミックによる補綴物は、全て同じものなのでしょうか。 セラミックの種類は色々 一言でセラミックと言っても、セラミックを使った補綴物には色々な種類があります。ではセラミックを使った補綴物には、いったいどんな種類があるのでし……

  • 2019/10/09
    マウスピース矯正の意外な落とし穴
    目立たず矯正治療を行えるマウスピース矯正は、取り外し式で食事や歯磨きがしやすく、お手入れもしやすいことから人気を集めています。マウスピース矯正は、一般的なワイヤー矯正に比べてお口のケアをしやすいのですが、意外な盲点を持ち合わせているのです。 ワイヤー矯正と比べてお口の中のケアを行いやすいはずが・・・ 矯正治療中は、虫歯や歯肉炎にならないよう、念入りなケアが必要です。特にワイヤー……

  • 2019/10/03
    ホワイトニング、こんな症状が出た場合は?
    薬剤を使って歯を真っ白に美しく仕上げるホワイトニングですが、トラブルが起こる場合もあります。これからお伝えするような症状が出てしまったら、ホワイトニングを中止しなければならないかもしれません。 ホワイトニング専用の薬剤を用いて歯を白くする 通常のクリーニングは、薬剤というよりは、研磨成分のあるペーストを使って歯の表面の汚れを落とし、滑らかに磨き上げてツヤを出します。 いっ……

  • 2019/09/25
    噛み合わせのズレで顔が歪む?
    口元は目元と同じくらい、いやそれ以上にその人の印象を決定付けます。歯並びの乱れはそんな第一印象に大きく影響しますが、噛み合わせがズレていることで、顔が歪んでしまうなど、顔つきまで変わることがあると言われています。 不正咬合は横顔にも現れます 口元のコンプレックスは、乱れた歯並びだけではありません。出っ歯や受け口、突出した口元などは、前から見ただけでなく、横顔にも現れます。横顔の……

  • 2019/09/22
    ホワイトニング前に済ませておくべきことについて
      歯に薬剤を塗布して歯を真っ白にするホワイトニングの人気が高まっています。しかし、どんな方でも施術できるわけではありません。被せ物や抗生物質による変色はホワイトニングでは白くできないことはよく知られていますが、虫歯や歯周病がある場合でも、ホワイトニングはできないのでしょうか。 施術前の歯科医師の診察でチェックされることとは 歯科医院で受けることができるのは、オ……

  • 2019/09/18
    セラミック治療の失敗例について
    セラミック治療で白い歯を手に入れたのに、なんだか調子が悪い、他の歯と長さが違う、根元が出てきた・・・このような症状は、残念ながら治療がうまくいっておらず、失敗やトラブルを招いてしまった状態です。せっかく白い歯を手に入れたのに、これでは気分も滅入ってしまいますよね。今回は、セラミック治療の失敗例を挙げてみることにします。 セラミック治療の失敗例 ではセラミック治療の失敗とは、どの……

  • 2019/09/13
    マウスピース矯正で気を付けるべきこととは?
    マウスピース矯正は、従来のワイヤー矯正と比べると目立たず歯並びを整えることができることから注目を集めている矯正治療法です。また食事や歯磨きの際、取り外しができるため、取り扱いしやすいことも魅力の一つです。しかし、マウスピース矯正は案外虫歯リスクが高いことをご存じでしょうか。 なぜマウスピース矯正は虫歯リスクが高いのか ワイヤー矯正と比べると、マウスピース矯正は歯磨きがしやすく、……

  • 2019/09/10
    乳歯もしっかりプラークコントロールを!
    乳歯は噛むという、非常に大切な役割を果たすための感覚を身に付けるとても重要な時期です。また歯並びにとっても、乳歯は永久歯が生えるためのスペースを確保する役目を持っているため、乳歯は大切にしなければいけません。 乳歯の時期に最も気を付けなければいけないのは虫歯 お口の中の代表的なトラブルといえば、虫歯です。虫歯は歯が生え始めた頃から永久歯に至るまで、幅広い年代で起こります。 ……

  • 2019/09/04
    加齢による歯の変色、気になりませんか
    ……

  • 2019/08/30
    虫歯治療の跡はきれいに治せます
      虫歯治療を終えて何年か経つと、治療した部分が変色することがあります。治療を終えた当初は、歯と同じ尾ような色で目立たずキレイに治った!と思っても、数年後には再治療せざるをえなくなってしまいます。せっかく治療をするなら、ずっときれいなままでいたいと思ってしまいませんか? 歯を削った部分はどうしても劣化してしまいます 小さな虫歯や、歯と歯の間に虫歯ができてしまった……

  • 2019/08/23
    もうちょっと早く矯正治療を始めたかった・・・と思わないで
    幼いころから歯並びがコンプレックスだったけど、なんとなく矯正治療をせずに今まで来てしまった・・・。周りがキレイな歯並びをしていると、小さいうちに矯正治療をしておけばよかったと後悔することもあるかもしれません。でも諦めないで下さい。 矯正治療の開始時期に絶対的な正解は、ありません 歯並びにコンプレックスがあり、今もなお矯正治療を行っていない場合、小学校低学年の子供が矯正装置を付け……

  • 2019/08/19
    治療は最後まで必ず受けましょう
    虫歯などで歯が痛くなったら、必ず最後まで治療を受けていますか?中には「痛くなくなったから」「通院が面倒」「時間が取れない」などの理由で治療を途中で止めてしまう方もいらっしゃいます。きちんと最後まで治療をしないと、のちに症状が悪化してしまうことにもなりかねません。 最も多く、リスクが高い「根管治療」の途中放棄 ちょっとした痛みなら、そのうち治まるかもしれないと我慢していた歯の痛み……

  • 2019/08/16
    歯列矯正では親知らずを抜かなければいけないのでしょうか
    親知らずは「第三大臼歯」と呼ばれ、上下左右合わせて4本あります。位置は最奥で、4本とも生えている人もいれば、まったく生えていない人など様々です。では歯列矯正を行うにあたって、親知らずは必ず抜くべきなのでしょうか。   全て真っ直ぐに生えてくるとは限らない親知らず 親知らずは、20歳前後で生えてくることが多く、中には親知らずが歯ぐきの中で埋まっているものの、生涯生……

  • 2019/08/11
    PMTCでどこまで歯がキレイになる?
    歯のクリーニングを表す「PMTC」は、定期的に行うことでプラークを除去し、着色などを取っては本来の色を取り戻します。ではPMTCを続けることでどこまで歯が白くなるのでしょうか。 歯の健康維持に欠かせないPMTC PMTCとは、「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」のことで、歯科医院で受ける歯のクリーニングのことです。専用の器具やブラシ、ペーストなどを使って家……

  • 2019/08/06
    ホワイトニングの後戻りについて
    白く輝く歯は口元に清潔感を与え、笑顔を引き立ててくれます。最近では口元の審美性に対する意識が高まり、ホワイトニングを受ける方も増えてきました。このホワイトニングですが、ずっと白さが持続するわけではありません。今回は、ホワイトニングの後戻りについてお話をしたいと思います。 オフィスホワイトニングとホームホワイトニングでは後戻りの早さが違う ホワイトニングには歯科医院で行うオフィス……

  • 2019/07/29
    矯正治療は先が見えないから不安・・・そんな不安を払拭する「インビザライン」
    歯並びや噛み合わせを整える歯列矯正には色々な種類があり、そのほとんどは歯の動きが予測が難しいため、本当に歯並びがきれいになるのか、またいったいどのくらいの期間が必要なのかなど、歯列矯正を始めるにあたって、先が見えない不安を感じることがあるかもしれません。インビザラインは、このような不安を払拭する大きなメリットがある矯正方法であることをご存知でしょうか。 矯正治療は「歯の動きが予見しに……

  • 2019/07/24
    大人だけじゃない!?子どもの歯石について
    歯石は大人の歯にだけ付くものではありません。乳歯や生えたばかりの永久歯にも歯石は付着します。では子どもの歯に歯石が付いたときは取ったほうがよいのでしょうか。 歯石とは、プラークが石灰化したもの ブラッシングが不足していたり、上手に磨けていない場合、汚れが歯に残ったままになります。そこに細菌が棲みついてプラークを作り出します。プラークは白っぽくネバネバとした柔らかい汚れで、比較的……

  • 2019/07/23
    変色した被せ物を変えて、口元に自信を持ちませんか?
    前歯に被せ物が入っていると、素材によっては年数が経つにつれて変色してしまうことがあります。その素材とは、保険適用のもので、レジンという歯科用プラスチックです。前歯はとても目立つ場所なので、茶色っぽく変色すると人目が気になってしまいませんか? 保険適用のレジンは変色しやすい 小さな虫歯を詰める場合、白いレジンが使われます。このレジンを使った保険の被せ物が、犬歯までの範囲で適用され……

  • 2019/07/19
    子どもに多い歯肉炎
    お子さんに多いお口の中のトラブルは、虫歯だけではありません。歯ぐきが赤く腫れる「歯肉炎」は、お口の中が不衛生な状態で起こります。小さなお子さんから高校生くらいまでよく見られる歯肉炎は、放っておくと大人になったとき、歯周炎になってしまうことがあります。   子どもは歯周病にはならないですが・・・ 歯周病とは、歯肉炎そして歯周炎を含む歯周組織に起こる炎症全般のことを……

  • 2019/07/14
    被せ物の周りの歯ぐき、黒ずんでいませんか?
    キレイな口元とは、歯や歯並びだけでなく歯ぐきの健康も含んだ状態を指します。鏡の前で笑ったとき、差し歯や被せ物の周りの歯ぐきが黒くなっていませんか?口元の審美性を損ねるこの変色は、いったい何が原因なのでしょうか。 補綴物の周囲の黒ずみはイオン化した金属 差し歯や被せ物といった補綴物には、保険で作れるものと自費のものがあります。保険適用の場合、使用できる素材は決まっており、ほとんど……

  • 2019/07/08
    ホームホワイトニングは正しく使用しましょう
    好きな時間にホワイトニングジェルを流し込んだマウスピースを装着して歯を白くするホームホワイトニングが人気を集めています。しかし、歯科医師の指示を守って行わないと、思ったような効果が得られないばかりか、思わぬトラブルを引き起こしてしまうことがあります。 こんな使い方はNG! ・装着時間を大幅にオーバーする ホームホワイトニングに使うマウスピースの装着時間は、ホワイトニングジ……

  • 2019/06/28
    矯正治療中のホワイトニングについて
    口元のコンプレックスというと、歯並びの乱れや出っ歯など歯並びに関することと、歯が黄色いなど、歯の色に関することが考えられます。ではこのお悩みを同時に解決することはできるのでしょうか。   矯正の種類によって、矯正中のホワイトニングが可能かどうかが決まる 歯列矯正には色々な種類があります。歯の表面にブラケットとワイヤーを付けて歯を動かす、最もオーソドックスなワイヤ……

  • 2019/06/25
    お子さんの歯並びの乱れは、乳歯の時期から改善が可能です
    乳歯の生え方から、永久歯に生え変わったときの歯並びの乱れが予測できる場合があります。乳歯は永久歯よりも小さいため、乳歯の歯列が隙間なくきっちりと生え揃っている場合、永久歯の並ぶスペースが足らなくなってしまうのです。乳歯がこのような生え方の場合、早めに歯列矯正を開始することで色々なメリットを得ることができるのをご存知でしょうか。   乳歯の歯列に隙間がない場合や顎が小さ……

  • 2019/06/23
    出っ歯になる原因とは
    不正咬合の中でかなりの割合を占める「出っ歯」。横から見ると歯が前方へ出ており、口元全体が突出して見えてしまうため、横顔にコンプレックスを感じてしまうことと思います。では出っ歯の原因とはどういったものなのでしょうか。   先天性な原因と後天性な原因について 出っ歯は、前歯が大きく前方へ突出した不正咬合です。一見すると歯並びがきれいに整っていても、横から見ると前歯が……

  • 2019/06/17
    ホワイトニング後の歯は、どんな状態なのでしょうか
    歯を真っ白に仕上げてくれるホワイトニング。施術後の白さをできるだけ持続させるためのポイントのひとつに、ホワイトニング直後の飲食が挙げられます。施術後の約30分は、非常に着色しやすい状態となっています。それはなぜでしょうか。 ホワイトニング直後の歯はどんな状態? 歯の表面は、固いエナメル質でできていますが、エナメル質の表面は「ペクリル」という薄いタンパク質の保護膜で覆われています……

  • 2019/06/09
    歯が欠けるのには原因があります
    固いおせんべいを食べていて前歯が欠けた、以前治療した奥歯が、食事中に欠けてしまった・・・こんな経験はありませんか?この「歯が欠ける」のは、ただ単に固いものを食べたからとは限りません。健康な歯は、相当な衝撃を受けない限り、そう簡単に欠けることはありません。ではなぜ歯が欠けてしまうのでしょうか。   歯が欠ける原因のほとんどは、虫歯 歯が欠ける主な原因は、虫歯による……

  • 2019/06/04
    白い歯でも、自然さが大切
      セラミック治療では白い歯を手に入れることができることから、注目を集めています。しかし、物事にはバランスというものが必要です。芸能人やモデルのような白い歯を求めすぎてしまうと、かえってバランスが悪くなってしまうことがあります。   芸能人のような白い歯 テレビや雑誌で見かける芸能人やモデルのほとんどは、白くきれいな歯という印象をお持ちでしょう。……

  • 2019/05/31
    保険診療と自費治療の違いについて
    虫歯治療などで歯を削った場合、詰め物や被せ物を装着して修復します。この修復物には保険適用のものとそうでないものがあり、オールセラミックやe-maxといったセラミック系の修復物や歯列矯正などは、保険を使うことができません。これはなぜでしょうか。 最低限の修復を目的とする保険診療 風邪などで病院を受診する際、わたしたちは健康保険を窓口に提示します。これにより、窓口で支払う治療費を安……

  • 2019/05/29
    虫歯ゼロを目指して!小児予防治療の必要性について
    乳歯は永久歯が生えることで短い役目を終えます。どうせ抜けるから、と乳歯のケアを怠っていると、後から生える永久歯にも悪影響が出てしまうことがあるため、乳歯を虫歯から守ることが大切です。   酸に非常に弱い乳歯 乳歯は生後6ヶ月くらいから生え始め、3歳くらいに全て生え揃います。小さくて可愛らしい乳歯は成人の永久歯と比べるとエナメル質が薄く未熟なため、酸にとても弱いの……

  • 2019/05/24
    ホワイトニングを避けなければいけないケースとは?
    歯を本来の色よりも白く美しく仕上げるホワイトニングですが、全ての方が受けることができるわけではありません。今回は、ホワイトニングを避けなければいけないケースについてお話いたします。   虫歯および歯周病の方 虫歯や歯周病がある方は、すぐにホワイトニングを受けることはできません。治療を行わずにホワイトニングを受けると、歯や歯ぐきに悪影響を与えてしまいます。もし虫歯……

  • 2019/05/17
    歯列矯正では絶対に歯を抜かなければいけないの?
    成人後に歯並びの悪さに悩む方も少なくありません。ガタガタの歯並びを治すための歯列矯正では、歯を抜歯するケースがよくあります。歯を抜くのは怖い、イヤ、と思うかもしれません。歯列矯正では必ず抜歯が必要なのでしょうか。   なぜ抜歯をするのか 歯並びの乱れは、永久歯が正しい位置に並ばず、重なり合って生えていたり、おかしなところから歯が生えていたりと、本来生え揃っている……

  • 2019/05/10
    治療した前歯がすぐ欠ける!どうすればいい?
    小さな虫歯やアクシデントなどで前歯を治療するケースは非常に多く、そのほとんどが保険治療であるレジンが使われます。しかし治療済みの前歯は欠けやすく、何度も再治療が必要となります。いったいどうすればよいのでしょうか。   レジンは対応しやすい素材ですが、欠けやすさが欠点 前歯の治療では、歯科用レジンを使って治療することが一般的です。歯と歯の隙間の虫歯や、先端が欠けて……

  • 2019/05/03
    同窓会の案内が届いたら・・・あなたの歯の色は大丈夫?
    同窓会のお知らせが届くと、「どんな服を着ていこうかな」「ヘアスタイルはどうしようかな」とわくわくしますよね。ところがバッチリ整えたはずなのに、集合写真を見て自分の歯の色にギョっとしたことはありませんか?そう、歯の色は、年齢の表れでもあるのです。   加齢とともに変色していく歯 小さなお子さんの歯の色は、乳白色でとてもきれいな色をしています。しかし成人の歯、つまり……

  • 2019/04/26
    抗生物質による変色にホワイトニングは効果がない?
    オフィスホワイトニングやホームホワイトニングを行うことで、黄ばんだ歯やくすんだ歯の色を真っ白に仕上げることができます。しかし中にはホワイトニングでは白くなりにくい、またはならない歯があります。今回は抗生物質の副作用による歯の変色とホワイトニングの効果についてお話をしたいと思います。   歯の色に影響を与える抗生物質とは? 抗生物質には色々な種類があり、それぞれ副……

  • 2019/04/22
    割れやすい詰め物について
    臼歯部の虫歯は、削る範囲が浅い場合はレジンを詰めて修復します。いっぽう神経に近い虫歯は、ある程度歯を削る必要があります。その場合、インレーと呼ばれる詰め物を詰めて機能を回復させますが、中には割れやすいインレーがあります。今回は割れやすいインレーを中心にお話をいたします。   保険適用のインレーは銀歯とレジン   一般的に歯の詰め物といえば、銀色の……

  • 2019/04/18
    自分に合った矯正方法で、歯をきれいに整えませんか?
    歯並びの乱れや噛み合わせの異常を改善するための歯列矯正にはワイヤー矯正、マウスピース矯正、部分矯正など色々な種類があります。適応症例に対応できるものかどうかの他、ライフスタイルや目的に応じた治療法を選んで、歯並びをキレイに整えてみませんか? 歯列矯正の種類について 歯列矯正は、治療法によって適応できるものと難しいものがあります。中には希望する治療法では難しいケースもありますが、……

  • 2019/04/16
    目立つ前歯、ホワイトニング+セラミックでキレイに
    前歯は、良くも悪くもとても目立つ部位です。真っ白で美しい歯か、黄ばんでくすんだ歯か、それだけで相手に与える印象はまるで違ってきます。「歯をキレイにして自信を持ちたい!」「汚くなった被せ物を変えるついでに歯をキレイにしたい」。このようにお考えの方は、ホワイトニング+セラミック治療がおすすめです。   年々黄ばんでくるレジンや保険の被せ物 小さな虫歯の場合、レジンと……

  • 2019/04/08
    歯をぶつけてしまった・・・!そんなときはどうすればばいい?
    お子さんの場合、遊んでいて転倒した、体育の時間にぶつかったなど、思わぬアクシデントが起きてしまいます。その際、口元を強打して歯が欠けてしまうこともめずらしくありません。今回はお子さんの歯のケガについてお話をしたいと思います。 歯のケガが起こりやすい時期とは? 子供は成長するにつれて行動が活発になり、それとともにケガも増えてきます。まず起こりやすい時期としては、乳歯が生え始めて間……

  • 2019/04/03
    銀歯の寿命はどのくらい?
    虫歯治療で歯を削った場合、虫歯の深さによってはレジンではなくインレーと呼ばれる詰め物を詰めて機能を修復します。また神経まで達した場合、根の治療後にクラウンと呼ばれる被せ物を被せる治療を行います。保険治療の場合、この修復物は「銀歯」と呼ばれる金属の素材になります。では銀歯の寿命はどのくらい持つものなのでしょうか。今回は、銀歯の寿命に焦点を当ててみました。   銀歯の問題……

Recruit
  • 歯科衛生士
  • 歯科アシスタント
    受付・TC
  • ドクター

通勤に便利な駅近徒歩1分の好立地
残業が少なく、20~30代スタッフが活躍!
スキルアップを目指す方には雇用条件で還元します
担当制でやりがいのある職場で一緒に働きませんか?