ホワイトニングについて

ホワイトニングとは?

ホワイトニングは、クリーニングとは異なり歯の内部を含めたそのものを白く美しくする治療のことです。
一般的に、クリーニングは歯の表面の汚れを落とすのみで歯の元々の白さを変えることはできません。
しかしホワイトニングは、歯自体を内部までブリーチすることで歯そのものの白さを変化させることができ、これらは一般の市販品やホワイトニングサロンなどでは行えない治療です。
歯の構造は表面部分から「エナメル質」「象牙質」「神経」で形成されており、「象牙質」は元々黄みがかった色をしています。
しかし人によっては象牙質が透けて見え元々歯が黄色く見えてしまう方や、加齢とともにエナメル質が薄くなり歯が黄色くなってしまう方がいらっしゃいます。
そういった方は、いくら歯を磨いたりクリニーニングをしても歯は白くなりません。
そこで歯そのものを白くするホワイトニングが効果を発揮します。

ホワイトニングのメリット

  • 歯の明るさを上げる
  • 印象的な笑顔になる
  • 清潔感がアップする

当院のホワイトニング「スーパーポリリンホワイトニング」について

当院では、スーパーポリリンホワイトニングを導入しています
スーパーポリリンホワイトニングの特徴は以下です。

・歯を痛めづらく優しくホワイトニング可能
・分割ポリリン酸Naと過酸化水素の2つの成分で効果的にホワイト二ングが可能
・歯質を強化する成分を配合し、つややかな仕上がり


通常のホワイトング材との大きな違いは、分割ポリリン酸Naを含有していることです。
分割ポリリン酸Naは、食品添加物としても認可された身体に優しい成分で、歯の汚れを落とし、更にステインや歯石の沈着防止をするため、痛みもなく、着色しにくく、透明感が残るのが特徴の成分です。
また分割ポリリン酸Naには、骨を含む歯周組織再生促進作用があり、加えて歯周病菌や虫歯原因菌・真菌類に対する抗菌作用もあり、口腔内環境を整える物質として注目されています。
この分割ポリリン酸Naを加えることで、刺激の強い過酸化水素の濃度を抑えながら歯をより白くすることができるのがスーパーポリリンホワイトニングです。
ホワイトニングサロンや、ホワイトニングバーで行われているポリリン酸ホワイトニングには、やはり過酸化水素は入っていないため、効果は歴然の違いがあります。

1.表面の汚れを浮かせて落とす

黄ばみの原因となる歯の表面に付着したステイン(着色汚れ)を、分割ポリリン酸Naが浮かせて落とし、表面をきれいにします。
分割ポリリン酸とは、バクテリアから哺乳類まであらゆる生物の体内に存在している成分の一つです。
分割ポリリン酸Naには、骨を含む歯周組織再生促進作用があります。
さらに効率的なステイン除去や沈着防止効果のほかに、歯周病菌や虫歯原因菌・真菌類に対する抗菌作用もあり、口腔内環境を整える物質として注目されています。

2.歯質強化・付着防止

表面をコーティングして歯質を強化、ステインの付着を防止する働きもあります。

3.定期的なメンテナンス

定期的にホワイトニングを行うことで、美しい白い歯と、健康な歯を維持できます。

ホワイトニングサロン、ホワイトニングバーとの比較

ホワイトニングは歯科医院で施術する場合と、ホワイトニングサロンやホワイトニングバーで施術する場合と比べて、施術内容やホワイトニングジェルの成分に違いがあります。

施術内容

歯科医院でのホワイトニングは「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した「デュアルホワイトニング」があります。
これらの施術を歯科医療の一環として行い、虫歯や歯周病などの症状がある方でも適切にホワイトニングを進めていきます。
一方でホワイトニングサロンやホワイトニングバーは、基本的にセルフホワイトニングとなります。
患者様自身でホワイトニングを行っていただき、スタッフが口腔内を診察したり、治療したりといった医療行為は行いません。
歯科医院では、クリーニングできますが、サロンではできないので薬剤の浸透度も変わります。

ホワイトニングジェルの成分

歯科医院が提供するホワイトニングジェルの成分は、25%の過酸化水素(オフィスホワイトニングの場合)、もしくは10〜15%の過酸化水素(ホームホワイトニング)を使用します。
一方、ホワイトニングサロンやホワイトニングバーのホワイトニングジェルの成分は過酸化水素が含まれておりません。
過酸化水素には、殺菌や漂白作用があり、ホワイトニングジェルに含めることで、表面の着色汚れを落とすだけではなく、自然歯の色以上の白さを実現することが可能です。
過酸化水素を利用しないと、歯の表面の汚れを落とすのみにとどまってしまうため、自然歯の色以上に白くすることはできません。
過酸化酸素が歯を白くする有効成分であり、成分の有無によって結果が大きく変わります。

ホワイトニングの流れ

  • 1カウンセリング

    口腔内を検査して虫歯や歯周病などの有無を確認します。
    必要に応じてホワイトニング前に問題がある箇所の治療や処置をする場合もあります。

  • 2歯のクリーニング(PMTC)

    PMTCは保険適用しており、歯磨きによるブラッシングでは落とせない汚れを中心に除去する治療です。
    歯に汚れが付着しているとホワイトニングによる効果が薄れてしまうので、表面をクリーニングして汚れを落とします。

  • 3個人専用のマウスピース制作

    ホームホワイトニングをご希望の場合は、歯の型取りをして、患者様のお口に合ったマウスピースを制作します。

  • 4ホワイトニングの開始

    オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングもしくはデュアルホワイトニングで治療を進めていきます。
    オフィスホワイトニングでは歯の表面に専用の薬剤を塗布し、光を照射して歯を白くします。
    ホームホワイトニングでは、マウスピースに専用の薬剤を塗布して、歯に装着して薬を浸透させて白くしていきます。

  • 5治療の継続

    ホワイトニングによる効果の経過観察をしながら治療を進めていきます。
    シェードガイドと呼ばれる歯の色見本を確認しながら色調を確認いただけます。

  • 6治療の完了

    規定回数の治療が済んだら完了となります。

ホワイトニングの料金

オフィスホワイトニング 33,000円(税込)
ホームホワイトニング 33,000円(税込)
✉︎お問い合わせフォーム
✔︎予約フォーム
✉︎お問い合わせ ✔︎予約フォーム