矯正治療とは?

矯正治療とは、歯並びや噛み合わせを整えて、自然な歯列にする歯科治療のことです。
ワイヤーやマウスピースといった専用の矯正器具を使用して治療を進めていきます。
正しい噛み合わせは、噛む機能の向上だけではなく、う蝕や歯周疾患、顎関節症の予防などのために必要です。
「歯がデコボコしている」「上下の噛み合わせが合っていない」などの状態では、以下のような悪影響を及ぼす可能性があります。

  • 磨き残しによる虫歯や歯周病
  • 見た目によるコンプレックス
  • 咀嚼機能低下による消化不良
  • 歯を失うリスクが高まる
  • 発声への弊害
  • 口呼吸
  • 口臭

綺麗な歯並びで、周りを気にすることなく口を開いて笑えるということは、精神を安定させ、健康にもつながります。
当院では無料で矯正相談を行っています。(要予約)
ご自身の歯並びにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

不正咬合の種類

叢生(そうせい)

叢生とは、歯が重なり合って、デコボコに生えている歯並びのことです。
主な原因は、顎の広さと歯の大きさのバランス崩れ、顎の発育不足、舌や指を噛むなどの悪習慣などが考えられます。
症状を放置すると、噛み合わせの悪さから食べ物を噛むことができず、消化不良を起こす可能性があります。
また、歯磨きがしにくく、磨き残しが発生しやすいため、虫歯や歯周病を引き起こしやすいです。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突とは、上の前歯や上顎が前に突き出している状態のことです。
「出っ歯」や「反っ歯」とも呼ばれています。
主な原因は、幼児期の長期な悪習慣(指しゃぶり、舌で前歯を押す癖など)や口呼吸による唇の筋力減少、両親の遺伝などが考えられます。
症状を放置すると、転倒時に歯や骨が折れたり、唇を切ったりする可能性があり、非常に危険な状態です。

反対咬合(はんたいこうごう)

反対咬合とは、下の前歯が前に突き出している状態のことです。
一般的に「受け口」とも呼ばれています。
主な原因は、下顎の過度な成長や上の前歯が内側に傾いている、歯の生える向きが前方に突き出している、幼少期の悪習慣、両親からの遺伝などが考えられます。 症状を放置すると、下の前歯や歯茎、歯槽骨へ負担がかかり、歯を支えることができず、グラついてしまう可能性があります。
主な原因は、下顎の過度な成長や上の前歯が内側に傾いている、歯の生える向きが前方に突き出している、幼少期の悪習慣、両親からの遺伝などが考えられます。 また、横顔がコンプレックスとなり、見た目の問題に悩まされるでしょう。

開咬(かいこう)

開咬とは、上下の前歯の間に隙間ができてしまう状態のことです。
「オープンバイト」とも呼ばれています。
主な原因は、幼少期の指しゃぶりや舌癖などが考えられます。
症状を放置すると、しっかりと噛んだ際も歯と歯の間に空間ができてしまうため、食べ物を噛み切ることが難しくなり、消化不良による胃腸への負担が大きくなります。
また、口呼吸になりやすく、口腔内が乾燥して菌の繁殖を促進させ、歯周病や口臭の原因にもなってしまいます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合とは、奥歯を噛み締めた状態で、上の前歯が下の前歯に覆いかぶさっている状態のことです。
「ディープバイト」とも呼ばれます。
主な原因は、遺伝による骨格や歯の異常です。
歯の位置や傾きに異常がある、顎の骨の位置に異常がある、上顎の過度な成長などさまざまな要因が考えられます。
症状を放置すると、顎の関節に負担がかかり、口の開閉が困難になったり、口の開閉時に音が鳴ったり、と顎関節症になるリスクがあります。
また、前歯同士が接触すると、歯がすり減ることも考えられます。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列とは、歯と歯の間に隙間がある状態のことです。
別名「すきっ歯」とも呼ばれています。
前歯の真ん中に隙間がある状態を専門用語で「正中離開(せいちゅうりかい)」と呼ぶこともあります。
主な原因は、生まれつき欠損歯があることや、歯の大きさが通常よりも小さいことなどです。
また、歯の隙間を広げるような悪習慣も原因となります。
症状を放置すると、見た目の印象が悪くなり、他人からの視線が気になるようになります。
歯間に隙間があると、空気が漏れて発声や発音に支障をきたすこともあります。

矯正治療のメリット

  • 見た目が綺麗になる
  • 笑顔に自信がもてる
  • 第一印象が良くなる
  • Eラインが改善される
  • 噛み合わせが改善される
  • 歯の清掃性が改善される可能性がある

矯正治治療のデメリット

  • 矯正装置の装着が必要
  • 痛みを伴うことがある
  • 矯正装置の見た目が気になることもある
  • 治療中に虫歯や歯周病のリスクが高くなる
  • 年単位の治療期間が必要になる場合がある
  • 固定式の矯正装置場合、ブラッシングが大変になる

当院の矯正治療について

全体矯正

全体矯正とは、全体的に歯を動かす治療方法です。
歯並びだけではなく、全体の噛み合わせを整えることができるため、口腔内機能の回復につながります。
マウスピース矯正もしくはワイヤー矯正で治療を行い、さまざまな不正咬合を改善することができます。

はぴねす歯科の全体矯正 →

マウスピース矯正(インビザライン )

マウスピース矯正とは、透明なマウスピース型の矯正装置で歯を動かす治療方法です。
患者様1人1人の口に合ったマウスピースをオーダーメイドして、歯並びの段階に合わせて複数のマウスピースを付け替えることで、歯を移動させていきます。
透明な矯正装置を使うため、周囲の人から気づかれにくく、目立ちにくい特徴があります。

はぴねす歯科のマウスピース矯正
(インビザライン)
 →

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは、「プラケット」と呼ばれる装置を歯の表面に貼り付けて、ブラケットにワイヤーを通して、ワイヤーの矯正力で歯を動かす治療方法です。
従来のワイヤー矯正は金属製のブラケットやシルバーのワイヤーが使われており、見た目を気にする方に敬遠されがちでした。
当院では、セラミックやプラスチック製の透明なブラケット、ホワイトワイヤーを使用することで、目立ちにくい矯正治療を提供しております。

はぴねす歯科のワイヤー矯正 →

部分矯正

部分矯正とは、前歯を中心に気になる部分のみ歯列を整える矯正方法です。
「前歯のデコボコを治したい」「前歯の隙間を埋めたい」など、ご自身の気になる部分に絞って費用をかけずに短期間で矯正したい方におすすめとなっております。

はぴねす歯科の部分矯正 →

小児矯正

小児矯正とは、子供を対象とする矯正治療です。
永久歯が生え揃う前、もしくは永久歯が生え揃ったタイミングで矯正治療を行っていきます。
子供の成長期は、歯並び以外に顎の骨も動かすことができるので、将来的に顎が正しい位置になるようにバランスを整えることが可能です。

はぴねす歯科の小児矯正 →

矯正治療の流れ

  • 1無料相談

    当院では矯正に関する無料相談を行っております。
    まずは、患者様の歯並びに関する悩みや治療に関する疑問をご相談ください。

  • 2問診、ヒアリング

    問診票に記載いただき、患者様の状況を確認します。 状況に合わせて、問診内容をもとに治療に必要な情報のヒアリングもさせていただきます。

  • 3精密検査

    レントゲン撮影や口腔内・顔全体の写真撮影、歯型採取などを行い、現状の状態を確認します。

  • 4治療計画のご提案

    精密検査の結果に基づいて治療計画や治療方針をご提案させていただきます。
    矯正装置(マウスピース矯正かワイヤー矯正)や、治療期間などをご確認いただけます。

  • 5虫歯や歯周病など治療前の処置

    矯正治療前に治療が必要な症状がある場合は、先に治療を済ませます。
    治療完了後に矯正治療を開始します。

  • 6矯正治療開始

    歯に矯正装置を取り付けて治療を開始していきます。
    矯正期間中は定期的に通院していただき、歯の状態を確認していきます。

  • 7保定期間(定期検査)

    歯並びが整い矯正装置を外して治療が完了したら、保定期間に入ります。
    歯の後戻りを防ぐためにリテーナーと呼ばれる保定装置を装着します。

  • 8治療完了

    保定期間を過ぎたら治療完了です。
    ご希望の方は治療完了後もメンテナンスを続けさせていただきます。

大阪 御堂筋線の緑地公園駅徒歩1分

はぴねす歯科緑地公園駅前クリニックは、御堂筋線直通の北大阪急行電鉄南北線緑地公園駅から徒歩1分の立地です。
平日夜は21時まで営業しており、学校帰りや仕事帰りにも通いやすいメリットがあります。
豊中市にお住まいの方は、ぜひ無料相談だけでもご利用ください。

デジタルローンについて

デンタルローンとは、「歯科治療費」に限定した立替え払い制度のことです。
当院では新生銀行が提供する「アプラスデンタルローン」をご用意しております。
アプラスデンタルローンをご利用いただくためには、審査受けていただく必要がございます。
待合室でお待ちいただいている間にスマホで審査を受け、約15分以内に審査結果の電話連絡で来ます。
実質年率が5.8%なのでクレジットカード(一般的に10%~15%以上)の分割払いよりも低金利。
デンタルローンを利用することで、「デンタルローンのご利用金額すべてが医療費控除を受けられる」「お持ちのTカードにTポイントを貯めることができる」などのメリットがあります。

アプラスデジタルローン 
✉︎お問い合わせフォーム
✔︎予約フォーム
✉︎お問い合わせ ✔︎予約フォーム