小児矯正とは

小児矯正とは、子供を対象とする矯正治療です。
永久歯が生え揃う前、もしくは永久歯が生え揃ったタイミングで矯正治療を行っていきます。
幼少期から矯正治療をすることで、歯並びと骨格を正しい位置になるようコントロールできるため、将来的に正しい歯並びや噛み合わせになる可能性が高まります。
不正咬合は歯周組織に問題を起こしやすいだけではなく、見た目のコンプレックスにもなりやすいです。
近年は、ファストフードやスナック菓子など、柔らかい食べ物を食べる機会が増え、顎骨の発育が悪くなり顎骨全体が小さかったり、顎の位置が正常でない子供が増えてきています。
子供たちの顎骨を正常な位置に導くことで、歯が正しく並ぶようになり、不正咬合を防止することができます。

当院の小児矯正の特徴

初めてのお子様には治療しない

初めての歯科医院は、お子様の歯医者に対する印象に大きな影響を与えます。
当院では初めてのお子様には、治療器具に慣れるため治療の練習からスタートします。
まずは歯科医院や、診療台や治療の流れに慣れてもらい、医師や衛生士とのコミュニケーションを最優先にします。
決して無理に治療を進めることはありません。
怖がりなお子様や痛みや機械音が苦手なお子様は、「初めての歯医者さん」は当院で、治療の練習から始めましょう。

完全な担当医制

当院では一般歯科(虫歯、予防治療)、矯正歯科も同じ担当医が行います。
担当医制にすることで、その場限りの治療になることを避けることができ、患者様の口腔内の状況をより正確に把握し続けることができます。
虫歯にならないお口の環境づくりから、削らない治療法、骨の成長に合わせて無理なく矯正できる治療法など、定期的にお口の状況を拝見し、お子様の成長にあわせて、矯正の開始時期などアドバイスを行います。

小児矯正のメリット

  • 永久歯を抜く可能性が低くなる
  • 治療がスムーズにいきやすい
  • 顎の成長バランスを整えることができる
  • 口腔内の機能を改善できる
  • コンプレックスになることを防げる
  • 生涯の治療費を節約できる
  • 虫歯のリスクが減る
  • 呼吸や発音の改善ができる

こんなお子様はご相談ください

  • 常に口が開いている
  • 鼻づまりが治らない
  • 話す時に舌が前に出ている
  • 舌足らずの発音
  • いびきがうるさい
  • 歯ぎしりをしている
  • 食べる時にクチャクチャと音を立てる
  • 食べ物をなかなか飲み込めない

小児矯正の治療時期について

子供の矯正治療のタイミングは1期治療(骨格矯正)と2期治療(歯列矯正)の2つに分かれています。

1期治療(骨格矯正)

1期治療は、乳歯から永久歯へ生え変わる時期(およそ6〜11歳)に行います。
顎骨の成長を利用して骨格を整えて、永久歯が綺麗に生えてくるスペースを確保します。
「子供の顎骨が狭い」「上下の顎骨のバランスが悪い」などの状態では、本来、正しい位置から生えるべき永久歯が生えなくなり、歯並びが悪くなってしまいます。
1期治療では専用装置を使って顎骨のバランスを整えて、将来的に綺麗な歯並びになるようにアプローチします。
また、指しゃぶりなどの悪習慣がある場合は、1期治療中に改善していきます。

1期治療で使用する治療装置

床矯正装置(拡大床) 床矯正装置(拡大床)は、歯列を広げることを目的とした装置です。
ネジを回すことで装置が広がり、歯列の幅を広げるようにアプローチして、スペースを確保します。
付け外しは可能です。
急速拡大装置 急速拡大装置は、上顎の歯列を広げて歯並びと整えることを目的とした装置です。
強い力で歯列の幅を広げて、歯が並ぶスペースを確保します。
付け外しは不可となるため、常に装着が必要となります。
マウスピース型装置 マウスピース型装置は、歯並びやかみ合わせの改善を目的とする矯正装置です。
一定時間装着することで、不正咬合の治療をおこないます。
「T4K」「ムーシールド」などの種類があります。
リンガルアーチ リンガルアーチは、スプリングの弾力を利用して歯を動かしたい方向へ動かすことを目的とした装置です。
歯の裏側に装着するため比較的目立ちません。
付け外しは不可となるため、常に装着が必要となります。

2期治療(歯列矯正)

2期治療は、永久歯が生え揃った時期(およそ12歳〜)に行います。
マウスピース矯正装置やワイヤー矯正装置を用いて、歯に力を加えて歯並びを整えていきます。
1期治療を済ましておくことで、不正な位置から永久歯が生えることを防げるため、正しい歯列になるように調整でき、抜歯をせずに矯正できる可能性が高くなります。

2期治療で使用する治療装置

マウスピース矯正 透明なマウスピース型の矯正装置を装着して歯を動かす治療方法です。
透明な矯正装置を使うため、周囲の人から気づかれにくく、目立ちにくい特徴があります。
ワイヤー矯正 「プラケット」と呼ばれる装置を歯の表面に貼り付けて、ブラケットにワイヤーを通して、ワイヤーの矯正力で歯を動かす治療方法です。
さまざまな不正咬合に対応可能で、複雑な歯の動きを要する治療に最適となっております。

小児矯正の料金

一期治療 330,000円(税込)
二期治療 440,000円(税込)

デジタルローンについて

デンタルローンとは、「歯科治療費」に限定した立替え払い制度のことです。
当院では新生銀行が提供する「アプラスデンタルローン」をご用意しております。
アプラスデンタルローンをご利用いただくためには、審査受けていただく必要がございます。
待合室でお待ちいただいている間にスマホで審査を受け、約15分以内に審査結果の電話連絡で来ます。
実質年率が5.8%なのでクレジットカード(一般的に10%~15%以上)の分割払いよりも低金利。
デンタルローンを利用することで、「デンタルローンのご利用金額すべてが医療費控除を受けられる」「お持ちのTカードにTポイントを貯めることができる」などのメリットがあります。

アプラスデジタルローン 
✉︎お問い合わせフォーム
✔︎予約フォーム
✉︎お問い合わせ ✔︎予約フォーム