インプラントとは?

インプラント治療とは、失った歯の部分に、土台となる人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療方法です。
一般的には「インプラント=歯科治療(人工の歯を埋め込む治療)」とイメージされる方も多いですが、厳密に言うと、インプラントは身体に埋め込む人工の医療器具や材料の総称のことを言います。
歯根の部分に埋め込まれる材料は、チタンもしくはチタン合金で「強度がある」「生体親和性が高い(骨と結合しやすい)」などの特徴があります。
事故によって歯を損失した方や、虫歯や歯槽膿漏が原因で歯を失った方、先天的に歯がない方などが治療対象となります。
対象範囲は1本の歯から全く歯がない場合まで幅広く対応可能です。

インプラントのメリット

  • 隣の歯を削らない
  • 天然歯と同じ色にできる
  • 違和感が少ない
  • 発音障害が少ない
  • 荷重負担が少ない
  • 安定した噛み合わせを維持できる
  • 噛む力が天然歯に近い

インプラントのデメリット

  • 手術後に腫れや痛みが出る可能性がある
  • 自費診療のため治療費が高くなる
  • 外科手術が必要になる
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • トータルの治療期間が長い

定期的なケアが必要

インプラントは治療後に定期的なケアを行うことが必要不可欠です。
定期的なケアを怠ると、インプラントが埋め込まれている部分が歯周病(インプラント歯周炎)になってしまい、そのまま放置するとインプラントが抜け落ちてしまう可能性があります。
ケアとしては、自宅で行う歯ブラシなどのホームケア、歯科医院で行うPMTC(歯科医院で行う歯のクリーニング)や定期検診が必須となります。
特に高齢者になると、口腔ケアが自分でできず、歯周病になるリスクが高まります。
また、インプラントは天然歯よりも歯周病になる確率が高いため、インプラント治療を受けるためには定期的なケアが必要となります。

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療は、ノーベルバイオケアという治療法を採用しております。

ノーベルバイオケア 2回法(自費診療)

ノーベルバイオケアとは、虫歯や歯周病、事故などで失った歯根の代わりに、あごの骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込んで、その上に人工の歯を固定する治療法です。
骨に固定するので、自分の歯と変わらない見た目、機能を取り戻せます。
まずはお口の状態を拝見し、歯科用CTで精密検査を行い、あごの骨の状態などを確認した上で治療法をご提案いたします。

ノーベルバイオケアについて

ノーベルバイオケアは、1965年にスウェーデンのブローネマルク博士によって開発された治療法で、骨と結合するインプラントが歯科医療に世界で初めて臨床応用されました。
一般的なインプラント治療は、インプラントを埋入後、インプラントと骨が結合するまでに3〜6ヶ月程度の期間を設けていました。
そのため、患者様には歯がない状態で過ごしていただく期間が必要でした。
一方でノーベルバイオケアは、インプラントを埋入後から噛む機能や審美面での回復が可能です。
人体に応用してから50年以上の歴史があり、症例数も豊富です。

インプラント治療の流れ

  • 1検査、治療計画

    口腔内を検査します。
    虫歯や歯周病の有無の確認する他、CTで神経や血管の場所、骨の厚さなどを確認します。
    また、検査結果をもとに治療計画を立てます。

  • 2初期治療

    インプラント治療の弊害となる病気が見つかった場合は、処置をして患部を治療します。

  • 3一次手術

    麻酔を打ち、歯茎を切開してインプラントを顎の骨に埋め込んでいきます。
    その後、歯茎を縫合します。

  • 4待機時間

    インプラントが骨と結合するまで待機します。
    待機期間は平均2〜3ヶ月程度です。

  • 5二次手術

    歯茎を切開して、インプラントと骨が結合して一体化していることが確認できたら、インプラントにアバットメントと呼ばれるキャップを装着します。
    その後、歯茎を縫合して、患部の治癒を待ちます。

  • 6型取り

    型取りを行い、人工歯を作成します。

  • 7人工歯の装着

    人工歯を取り付けます。
    装着後に噛み合わせに問題がある場合は再度調整させていただきます。

  • 8定期メンテナンス

    定期的にメンテナンスや定期検査を受けていただきます。

インプラントの料金

インプラント 330,000円~440,000円(税込)/1本
✉︎お問い合わせフォーム
✔︎予約フォーム
✉︎お問い合わせ ✔︎予約フォーム