マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、透明なマウスピース型の矯正装置を装着して歯を動かす治療方法です。
患者様1人1人の口に合ったマウスピースをオーダーメイドして、歯並びの状態に合わせて複数のマウスピースを付け替えることで、歯を移動させていきます。
透明な矯正装置を使うため、周囲の人から気づかれにくく、目立ちにくい特徴があります。
また、自由に取り外しができるため、食事や歯磨きのタイミングで外すことができます。

インビザラインとは

インビザラインとは、アメリカのアライン・テクノロジー社が開発した「マウスピース型カスタムメイド矯正装置」のことです。
マウスピース矯正にはいくつかの種類があり、その中でもインビザラインは世界各国で提供されており、2021年9月の時点で1,100万人を超える患者様が治療を受けた実績があります。

参考元:インビザライン

マウスピース矯正の中でも治療実績が最も多く、幅広い症例に対応可能です。
当院でもインビザラインを採用し、多くの症例に対応しております。

当院は「PLATINUM」認定医院

医療法人はぴねす理事長の野澤修一が「PLATINUM(プラチナ)」ランクに認定されました。
こちらは、インビザラインの症例数が年間50症例を超えると認定され、一定の実績がないと認定されないものです。
2018年1月からインビザラインに取り組み始め、インビザライン希望の患者様も増えてきております。
数々の症例に対応しておりますので、安心して治療していただけます。

マウスピース矯正のメリット

  • 矯正器具が目立たない
  • 自由に取り外しができる
  • 虫歯や歯周病になりにくい
  • 通院回数が比較的少ない
  • ワイヤー矯正と比較して痛みが少ない場合がある

マウスピース矯正のデメリット

  • 適用できない症例がある
  • 装着中は飲食に制限が出てくる
  • マウスピースを紛失する恐れがある
  • 1日20時間以上の装着が必要になる
  • 装着忘れによって治療期間が延びる可能性がある

インビザラインの注意点

装着忘れによって治療期間が延びる

規定の装着時間を満たさないと、治療期間が延びる可能性があります。
インビザラインは1日20時間以上の装着が推奨されております。
インビザライン1つあたり最大0.25mm程度の歯を動かし、複数のインビザラインを付け替えて矯正を進めていきますが、1日の装着時間が短いと想定よりも歯が動かず治療が進みません。
1日の装着時間が20時間に満たない日が続くと、計画通りに歯が動かずに、当初予定していた治療期間よりも延びてしまう恐れがあります。
簡単に取り外しができるため、患者様自身で自己管理していただく必要があります。

食事中は装着しない

食事をする際はインビザラインを外すようにしてください。
コーヒーやジュース、紅茶など、味や色の付いた飲み物や、カレーやキムチ、味噌、醤油などを使った料理など色の濃い食べ物は、着色の原因になります。
色が付いたインビザラインは見た目が悪くなるため、食事中の装着は避けましょう。

こまめなケアが必要になる

インビザライン装着時は、常に口腔内を清潔にしておく必要があります。
歯垢(プラーク)が付着した状態でインビザラインを装着すると、虫歯や歯周病の原因になってしまいます。
また、インビザラインにも細菌が繁殖して、不衛生な状況になりやすいです。
矯正治療中はこまめに歯ブラシやフロスなどでケアをして、清潔な状態を保つようにしましょう。

インビザラインと他のマウスピース矯正の違い

インビザライン 他のマウスピース矯正
正確さ・再現性 非常に精度が高い
採取した歯型を元に、3Dデジタル化して緻密な計画・設計ができる
技工士の技術に左右される
歯型の採取 初回のみ 来院の度に歯型を採取する必要がある
治療範囲 多くの不正咬合に対応可能 装置によって治療範囲が異なる
適応症例 多くの不正咬合に対応可能
(叢生、出っ歯、受け口、すきっ歯、八重歯、抜歯を伴う症例など)
装置によって適応症例が異なる
症例実績数 1,100万人(2021年9月時点) 数十万〜数百万
来院頻度 1ヶ月〜3ヶ月に1回 2週間〜1ヶ月に1回
費用 385,000〜770,000円(当院の場合) 治療完了まで総額が分からない

マウスピース矯正(インビザライン)の料金

インビザライン(全体矯正) 770,000円(税込)
インビザライン(部分矯正) 385,000円(税込)

マウスピース矯正(インビザライン)の流れ

  • 1無料相談

    当院では矯正に関する無料相談を行っております。
    まずは、患者様の歯並びに関する悩みや治療に関する疑問をご相談ください。

  • 2問診、ヒアリング

    問診票に記載いただき、患者様の状況を確認します。
    状況に合わせて、問診内容をもとに治療に必要な情報のヒアリングもさせていただきます。

  • 3精密検査

    レントゲン撮影や口腔内・顔全体の写真撮影、歯型採取などを行い、現状の状態を確認します。

  • 43D治療計画の作成

    iTero(アイテロ)で矯正後の歯並びをシミュレーションします。
    歯型採取の他、おおよその治療期間の算出や歯牙内部の虫歯の発見も可能になっています。

  • 5マウスピースの作製

    iTeroで歯型採取をしたデータをもとに、患者様1人1人オーダーメイドでマウスピースを作成します。
    3D治療計画後から約3週間ほどで完成します。

  • 6虫歯や歯周病など治療前の処置

    矯正治療前に治療が必要な症状がある場合は、先に治療を済ませます。
    治療完了後に矯正治療を開始します。

  • 7治療開始

    完成したマウスピースを患者様にお渡しして治療を開始します。
    1日20時間以上装着していただき、1〜2週間ごとに新しいマウスピースに交換して矯正治療を進めていきます。

  • 8保定期間(定期検査)

    歯並びが整い矯正装置を外して治療が完了したら、保定期間に入ります。
    歯の後戻りを防ぐためにリテーナーと呼ばれる保定装置を装着します。

  • 9治療終了

    保定期間を過ぎたら治療完了です。
    ご希望の方は治療完了後もメンテナンスを続けさせていただきます。

当院では、iTero(アイテロ)の一番最新の最上位モデルを導入しています

iTeroとは口腔内スキャナーのことで、歯型採取(印象採取)を行うために使用する高精度歯型3Dスキャン装置です。
患者様の口腔内にスキャナーを入れ、歯型を精密に採取することが可能となり、今までよりも精度の高いマウスピースを作ることが可能となりました。
採取した歯型の画像をその場で確認することもでき、患者様と一緒に矯正治療の過程をシミュレーションすることも可能となっております。
また、当院が導入している「iTero element 5D」と呼ばれる最上位モデルでは、近赤外線光画像技術を用いて、歯の内部の虫歯を見つけることもできます。

iTeroのメリット1:シリコンを用いない歯型採取

従来の歯型採取は、ハイドロコロイドやシリコンなどの素材を使って歯に押し付けて型取りをしていました。
しかし、患者様によっては不快感があったり、破片を飲み込んで気管に入ってしまうリスクがあったりと、問題がありました。
iTeroを活用した歯型採取では、光学スキャンによる精密な歯型採取を可能にしました。
シリコンが固まるまで不愉快な思いをせず、型取りにかかる時間も大幅に短縮することができます。

iTeroのメリット2:治療期間を短縮できる

iTeroでの歯型採取は、シリコンによる歯型採取と比べて約10日治療開始までの期間を短縮できます。
歯型採取からマウスピースの制作までの工程が短縮できるためです。
矯正治療を1日でも短くしたい方のニーズを満たすことができます。

iTeroのメリット3:被曝の心配もない

iTeroの光学スキャンの光は、放射線などを一切含みません。
そのため、被曝リスクもありません。

デジタルローンについて

デンタルローンとは、「歯科治療費」に限定した立替え払い制度のことです。
当院では新生銀行が提供する「アプラスデンタルローン」をご用意しております。
アプラスデンタルローンをご利用いただくためには、審査受けていただく必要がございます。
待合室でお待ちいただいている間にスマホで審査を受け、約15分以内に審査結果の電話連絡で来ます。
実質年率が5.8%なのでクレジットカード(一般的に10%~15%以上)の分割払いよりも低金利。
デンタルローンを利用することで、「デンタルローンのご利用金額すべてが医療費控除を受けられる」「お持ちのTカードにTポイントを貯めることができる」などのメリットがあります。

アプラスデジタルローン 

マウスピース矯正(インビザライン)に関するよくある質問

マウスピース矯正は何歳からできますか?年齢制限はありますか?

乳歯が永久歯に生え変わった、12歳以降の矯正になります。

マウスピースを使った矯正に適している症状や年齢(世代)などはありますか?

外すことができるので成人式や結婚式、就職活動を控える方に適しています。
また治療中に器具が外れる心配がないため、2〜3ヶ月の出張、留学なども安心です。

乳歯と永久歯が生え変わっている時期でもできますか?

できることもありますが、永久歯に生え変わってからの時期がおすすめです。

インビザライン・システムのマウスピース素材は、アレルギーの心配はありませんか?

プラスチック素材ですのでレジンアレルギーの方は適しません。

矯正中に激しいスポーツ(部活動)などをしても大丈夫ですか?また、避けたほうがよいスポーツ、競技などはありますか?

問題ありません。

子供がスイミングに通っています。マウスピースを装着したままプールで泳いでも大丈夫ですか?

問題ありません。

マウスピースをなくしてしまった場合は、作り直しにいくらかかりますか?

作り直しに費用はかかりません。
作り直しに型取りをして3週間ほど時間をいただきます。

矯正中にホワイトニングもできると聞きました。どんな方法でしますか?いくらくらいかかりますか?

マウスピース内にホワイトニング剤を塗布することで可能です。ホワイトニング剤は1本2,700円(+税)となっております。

歯の矯正、ホワイトニング、詰め物や被せ物のやりなおしを計画しています。矯正しながらホワイトニングをし、治療を終えてから詰め物が被せ物のやり直しをするのがベストですか?

被せは仮歯に変えて矯正を行います。
矯正とホワイトニングは同時に行うことが可能で、最後に被せを仕上げます。

マウスピース矯正の治療費には、クレジットカード、分割払い、デンタルローンなど利用できますか?

すべて対応可能です。

✉︎お問い合わせフォーム
✔︎予約フォーム
✉︎お問い合わせ ✔︎予約フォーム