差し歯とインプラント、何が違う?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

予防歯科

差し歯とインプラント、何が違う?

差し歯とインプラント、何が違う?

歯の治療をしていると、時々わからないことが出てくると思います。その中でもよく聞くのが「差し歯とインプラントって何が違うの?同じ差し歯でもインプラントが高いのはなぜ?」という内容です。

もちろん医師から事前に説明はありますが、まずはご自身でも違いを知っておきましょう。今回は、差し歯とインプラントの違いについてお話をいたします。

「差し歯」は人工歯の呼び方

差し歯とは、一言でいうと自分の歯ではない、人工の歯です。よく「差し歯が取れた」「被せものが取れた」と受診されますが、基本的には同じ人工歯です。

差し歯の素材には色々あり、保険適用のものと自費のものがあります。保険適用のものは安価で治療することができますが、レジンや金属を使っているため審美性や耐久性が自費のものと比べると見劣りします。

いっぽう自費の差し歯はセラミックを使用しているものが多く、審美性にとても優れています。またセラミックは傷がつきにくく劣化しにくい素材のため、保険の差し歯と比べて見た目と耐久性に大変優れているのが特徴です。ただし自費のため費用が高くなってしまいます。

差し歯にするには歯を抜かなければいけないの?

差し歯とは、人工の歯を使って再び噛む機能と見た目を補うためのものです。ただこの差し歯を使うまでの過程で、インプラントを行うかどうかが決められます。

まず気になるのが、差し歯になると歯を抜かなければいけないの?ということではないかと思います。まずは、歯を残せることができるか残せないかによって、治療法が全く異なります。

差し歯は、差し歯を付けるための「土台」が必要です。歯ぐきにそのまま差し込むのではありません。

この土台となるのが、自分の歯の根っこかインプラントか、なのです。根っことなるものがないと、差し歯を付けることができません。

自分の歯の根っこを残すことができた場合、土台を立てて差し歯を付けますが、根っこがない、つまりひどい虫歯や歯周病などで歯を残すことができない場合、抜歯をして差し歯を付けるために人工の根っこを埋め込む必要がある、これがインプラントです。

まずは自分の歯を残すことができる状態が望ましいと言えます。自分の歯の根っこがあるのとないのとでは大きな違いがあり、それは日常生活において痛感されることと思います。

自分の歯で噛むことはとても大切です。インプラントは非常に優れた治療法ですが、やはり自分の歯に勝るものはありません。出来る限り自分の歯の根っこを残せる状態が望ましいと言えるでしょう。

根を残す治療とインプラントの治療について

次に歯を残すための治療とインプラント治療について簡単にお話いたします。

歯を残すための「根管治療」とは?

自分の歯を残すための治療を、根管治療といいます。虫歯が進行して神経まで到達した場合、神経を取り除き、根管と呼ばれる歯の内部を消毒して根の中をきれいにします。

この根管治療は歯を残すことを目的としていますが、途中で治療を止めてしまうと内部に潜んでいる虫歯菌がまた活動をして、いつまでも治りません。また根管治療を行った歯は神経がなく、歯そのものがもろくなってしまいます。削る量が多いと、嚙んだ時に歯が割れたり根っこにヒビがいってしまうこともあります。

根管治療にはこういったリスクがありますが、できるだけ歯を残せるよう、最後まで通院することが必要です。

また根管治療を終えたあとは土台を立て、型取りを行って差し歯や被せ物を作製します。根管治療は保険適用であり、差し歯を作製する際も保険適用か自費かの選択ができます。

失ってしまった歯の機能を補う「インプラント」

いっぽうインプラントは、自分の歯を残すことができなくなった際に行う治療法です。同じ機能を取り戻す治療として入れ歯とブリッジがありますが、どちらも他の歯に影響を及ぼしてしまうため、他の歯の健康のことを考えると、インプラントが適しているのではないかと言えます。

ただ外科手術が必要です。顎の骨に土台となるインプラント体を埋め込んで顎の骨とインプラント体を結合させ、歯の根っこの代わりとします。つまりインプラントは「人工歯根」なのです。

顎の骨とインプラント体がしっかりと結合したことを確認し、型取りを行って差し歯や被せ物を作製します。多くの方は審美性を重視されるため、自費のセラミッククラウンなどを選択します。特にセラミッククラウンは見た目が本当に美しく、保険の入れ歯やブリッジと比べると審美性がとても優れています。

ただインプラントにもデメリットは存在します。いちばん大きなデメリットは、ごく一部の症例を除いて自費治療であることです。

また全ての方にインプラントができるわけではありません。

同じ差し歯を使った治療でも、自分の歯を残すための根管治療と、既に失ってしまった、あるいは残すことができないのとでは根本的な面から違いがあります。

できる限りご自身の歯を残すことが大切です。まずは歯を失うことがないよう、普段からしっかりとお口の中の清潔を保ち、定期検診に通って良い状態を維持しましょう。

 

当院の予防治療についてはこちら