部分矯正の期間はどのくらい?短期間で前歯が動く理由|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

部分矯正の期間はどのくらい?短期間で前歯が動く理由


「部分矯正に興味があるけど、どのくらいの期間がかかるのだろう?」
「歯並び全体を矯正するよりも短期間で済むのかな?」

部分的に矯正したいけど、治療期間がわからないと治療計画を立てるのが難しいですよね。

部分矯正は、全体矯正よりも短い期間で歯並びを整えることができます。

今回の記事では、部分矯正にかかる期間を具体的に紹介していきます。

部分矯正にかかる期間

「前歯のみ」の部分矯正は最短3ヶ月、長くても1年程度での治療ができます。

治療期間が3ヶ月で済む場合は、元々の歯並びが比較的キレイな状態の方です。

歯を動かす距離が短く、微調整で整えられる場合は短期間で済みます。

治療期間が1年程度必要な場合は、元々の歯並びが整っていない方です。

歯を動かす距離が大きい場合は、移動させるために時間がかかるため、治療期間が長くなります。

部分矯正は「歯を動かす期間」と「歯を固定する期間」にわかれる

部分矯正は、「歯を動かす期間」と「移動させた歯を固定する期間」にわかれます。

歯を動かす期間

歯を動かす期間は、矯正装置を装着して、実際に歯を動かす期間のことです。

一般的に言われる矯正期間は「歯を動かす期間」を指します。

歯を動かす期間は、さまざまな要因によって差が生まれます。

・矯正装置の種類
・患者様の歯の状態
・患者様の年齢

たとえば、矯正装置の種類には、ワイヤー矯正やマイスピース矯正といった装置があります。

仮に全く同じ症状で期間を比べたときは、ワイヤー矯正よりもマウスピース矯正のほうが治療期間が長くなります。

具体的な治療期間に関しては、医師による診察結果をもとに判断されるため、初回相談の際に聞いてみましょう。

保定期間

保定期間とは、動かした歯を特定の場所に固定されるための期間です。

部分矯正で歯を動かしたあとに、何もせず放置していると、元の位置に戻ろうとします。

この現象を「歯の後戻り」といいます。

治療完了直後は、歯周組織が不安定になっているため、歯が動きやすいです。

後戻りを防ぐために、リテーナーと言われる保定装置を使って、歯を固定して後戻りを防ぎます。

保定期間は、1年〜2年です。

保定期間の前半(半年〜1年)は1日中リテーナーを装着し、後半(1年半〜2年目)は1日のうち数時間の装着時間に減らすことができます。

歯が理想とする位置に動いた安心感からリテーナーの装着をサボってしまう方も多いです。

歯並びが整ったからといって油断すると、すぐ元の位置に戻ってしまいます。

保定期間も治療期間中だと考えておくことが大事です。

リテーナーの種類

リテーナーには固定式と可動式があります。

固定式のリテーナーは歯の裏側部分にワイヤーで固定させるタイプの器具です。

後戻りを防ぐ効果は高いですが、自由に取り外しができないため、不便に感じる方もいます。

可動式のリテーナーはワイヤーとプレートで歯に挟むタイプと、透明なマウスピース型があります。

固定式と比べて効果に違いはありませんが、自由に外すことができるため、装着をサボると後戻りが起きやすいです。

自己管理を徹底できる方であれば、可動式のリテーナーのほうが、歯のケアをしっかり行うことができ、虫歯や歯周病予防もおこなえるでしょう。

部分矯正の期間が短い理由

奥歯と前歯の構造

部分矯正の期間が短い理由は、歯の構造にあります。

前歯の根っこは1本、奥歯の根っこは2〜4本となっています。

そのため、前歯よりも奥歯のほうが、歯茎の中の根っこ部分が頑丈です。

矯正においては、前歯のほうが動かしやすいため、矯正治療の期間が短くなります。

まとめ

部分矯正の期間は3ヶ月〜1年です。

矯正期間は、歯の状態や使用する矯正装置、患者様の年齢などによって違ってきます。

具体的な期間については、診察内容をもとに判断しますので、まずは診療科目の中に矯正治療がある歯科医院へご相談いただければと思います。

当院の矯正治療についてはこちら