インビザラインで口ゴボを改善できる?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

インビザラインで口ゴボを改善できる?

歯並びや噛み合わせのお悩みの中で最近よく聞く「口ゴボ」は、口元が前方へ突出した不正咬合で、横からの見た目を大きく乱してしまいます。

口ゴボは矯正治療で改善することが可能ですが、インビザラインでは、口元の突出感でお悩みの口ゴボを改善することができるのでしょうか。

 

横顔の美しさを乱す「口ゴボ」とは?

矯正治療はただ単にガタガタの歯並びだけを治すことが目的ではありません。口元全体をすっきりとさせ、横から見ても美しい口元に整えることも矯正治療の大きな目的です。しかし口元が前方へ突出いている「口ゴボ」と呼ばれる見た目にお悩みの方も多いと思います。

「口ゴボ」は正式名称は「上下顎前突」で、口ゴボそのものは正式名称ではありません。出っ歯、乱杭歯などといったネット上で一般的な呼び方として浸透しています。

上下の歯が前方へ出ているため横から見て口元が盛り上がっているように見え、オランウータンのような口元に見えてしまい、どちらかといえばアジア人によく見られます。

さらに出っ歯のため唇が閉じにくい、唇の下の梅干し皺、顎のラインがシャープに見えず、顎がないように見えることも審美性を乱す要因です。

口ゴボは前から見るとあまりわからないのですが、もさっとした印象を与えるため歯並びそのものよりも、横顔が気になる、横顔のEラインを美しくしたいと言いうお悩みの声が多く聞かれます。

口ゴボの原因は?

口ゴボは、出っ歯によって起こります。さらに下の歯も前方へ出てしまうことから、まず骨格的なことが原因として考えられます。ご両親のどちらも、あるいはどちらかが骨格による出っ歯の場合、遺伝要素が強く表れる傾向にあります。

出っ歯の原因は、日常の癖も大きく影響します。特に長期間の指しゃぶりや、舌で歯を押す癖などは出っ歯の大きな原因となってしまいます。歯は弱い力を加えることで徐々に動きますので、毎日の悪い習慣が出っ歯を引き起こし、結果的に上下の歯並びと噛み合わせ乱し、骨格のズレを引き起こして口ゴボ状態を作り上げてしまうのです。

口ゴボは自力で治すことができる?

口ゴボは上下の歯が前方へ突出していることで起こる不正咬合です。歯並びの乱れや骨格のズレを引き起こす悪癖を止めることで、これ以上の悪化を防ぐことは可能ですが、いちど前方へ出た歯や噛み合わせのズレを自力で治すことはまず不可能だと思われます。

口ゴボを改善するには、矯正治療が最も近道と言えるでしょう。

 

インビザラインとワイヤー矯正との比較

歯並びや噛み合わせの乱れを改善する矯正治療法の中でも、インビザラインは目立たずに歯並びを整えることができるため、人気を集めている治療法です。

また固定式のワイヤー矯正と異なり、インビザラインは取り外し式のため食事や歯磨きがしやすく、日常生活に支障がほとんどありません。ワイヤー矯正はブラケットに食べ物が挟まりやすく、えのきなどを食べたくても控えている方も多いようで、食事に影響が出やすくなります。

いっぽうインビザラインは食事の時は必ずアライナーを取り外すため、食材を選ばなくてもこれまでどおり食事を楽しむことができます。歯磨きもしやすいため、お口の中を清潔に保つことができるのも、ワイヤー矯正との大きな違いです。

また発音にもほとんど影響がありません。裏側矯正などと比べると発音もしやすく、滑舌に大きな影響はないことも人気の秘訣です。

 

インビザラインで口ゴボは改善できる?

ではインビザラインで口ゴボを改善することはできるのでしょうか。口ゴボは出っ歯が原因のため、インビザラインで出っ歯を治すことで口ゴボを改善することは可能です。インビザラインは、1週間ごとに新しいアライナーを交換しながら少しずつ歯を動かし、歯列と噛み合わせを整える治療法です。

インビザラインはクリンチェックというシュミレーションソフトを使って歯の動きを確認しながら治療計画を立てます。口ゴボの原因となっている出っ歯をどのようにして動かすかという治療計画をしっかりと立て、アライナーを交換しながら少しずつ歯を後方へ動かし、出っ歯と噛み合わせを改善することでスッキリとした口元へ導くことができるでしょう。

ただ骨格が大きく影響している場合は、インビザラインでもワイヤー矯正でも難しいと診断されることも考えられます。この場合、外科を視野に入れた治療法が提案される可能性もあります。

インビザラインで口ゴボが改善できるかどうか、まずは相談を

インビザラインはほとんどの症例に対応することができるため、口ゴボの原因となっている出っ歯をインビザラインで治すことで改善が期待できます。

インビザラインで前方へ出ている歯を後方へ下げ、それに合わせて噛み合わせも整えることで気になる口ゴボを改善することができる場合がほとんどです。

しかし中には骨格が原因で重度の口ゴボの場合、インビザラインだけでは対応できないこともあります。まずはご自身の歯並びの状態とインビザラインで治せるかどうかを含めたカウンセリングを受けてみましょう。

 

当院のインビザラインについてはこちら