はぴねす歯科 緑地公園駅前クリニック

小児歯科

痛くない怖くない歯科医院

子供のうちに矯正を始める9つのメリット

  • 無理なく出っ歯や受け口など骨格矯正ができる
  • 本人が気にする前に治療を終えられる
  • 歯並びを悪くするクセを早期に治療
  • 未来の疾患や虫歯、歯周病の予防ができる
  • 早期治療でトータルの治療期間が短くなる
  • 生涯の歯科治療費を節約できる
  • 大人になって歯を抜くリスクが減る
  • 出っ歯を治すと横顔が整う(鼻筋がスッキリ見える)
  • 写真映りがよくなる

小児矯正治療について

対象年齢の目安

1期治療(骨格矯正)6~12歳

骨が柔らかいうちに骨格が原因の受け口(反対咬合)、出っ歯(上顎前突)を治療します。

2期治療(歯列矯正)10歳~大人

歯並びを整えるためにマウスピースやワイヤーを使った矯正治療を行います。

初めてのお子さんには治療を行いません

初めての歯科医院は、お子さんの歯医者に対する印象に大きな影響を与えます。当院では初めてのお子さんには、治療器具に慣れるため治療の練習を行います。そして治療ができたらキャラクターの消しゴムをプレゼント。まずは歯科医院や、診療台や治療の流れに慣れてもらい、医師や衛生士とお子さんとのコミュニケーションを最優先にします。

怖がりなお子さんや、痛みや機械音が苦手なお子さんは、「初めての歯医者さん」は当院で、治療の練習から始めてみませんか?

当院は担当医制です

当院では一般歯科(虫歯、予防治療)、矯正歯科も同じ担当医が行います。

虫歯にならないお口の環境づくりから、削らない治療法、骨の成長に合わせて無理なく矯正できる治療法など、定期的にお口の状況を拝見し、お子さんの成長にあわせて、矯正の開始時期などアドバイスを行います。

小さいうちから予防治療を始めましょう

虫歯になる前の予防措置が、お子さんの将来の歯の健康を守ることにもつながります。

虫歯治療はもちろんのこと、虫歯にならない口腔環境を維持するために、歯みがき指導、予防治療、フロアゲルを使ったフッ化物歯面塗布法で、虫歯ができない歯質作りをサポートいたします。

小児歯科・小児矯正コラム

column
  • 2019/11/18
    お子さんの歯の白濁、放っておいても大丈夫?
    一般的にお子さんの歯は歯質が弱く、酸に溶けやすい、つまり虫歯になりやすいという特徴があります。その前段階として、歯の表面が溶けて白く濁りますが、この状態を放っておいても大丈夫なのでしょうか。 歯質が薄い時期は酸に溶けやすい 乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質が薄く、酸にとても溶けやすくなっています。そのため虫歯になりやすい食生活を送っていると、あっという間に虫歯に進行してし……

  • 2019/10/21
    小児矯正、第一期とはどんな治療をするの?
    お子さんの歯並びを整える矯正治療には、第一期と第二期があります。「歯列矯正はあのギラギラ光る矯正装置では?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。では小児矯正における「第一期治療」とは、どのような治療のことでしょうか。 第一期治療とは、正しい歯列へ導くための「骨格を整える」治療 歯並びが悪くなる原因のほとんどは、永久歯が正しい位置に並ばないことにあります。永久歯が正しい位置に……

  • 2019/09/10
    乳歯もしっかりプラークコントロールを!
    乳歯は噛むという、非常に大切な役割を果たすための感覚を身に付けるとても重要な時期です。また歯並びにとっても、乳歯は永久歯が生えるためのスペースを確保する役目を持っているため、乳歯は大切にしなければいけません。 乳歯の時期に最も気を付けなければいけないのは虫歯 お口の中の代表的なトラブルといえば、虫歯です。虫歯は歯が生え始めた頃から永久歯に至るまで、幅広い年代で起こります。 ……

  • 2019/08/23
    もうちょっと早く矯正治療を始めたかった・・・と思わないで
    幼いころから歯並びがコンプレックスだったけど、なんとなく矯正治療をせずに今まで来てしまった・・・。周りがキレイな歯並びをしていると、小さいうちに矯正治療をしておけばよかったと後悔することもあるかもしれません。でも諦めないで下さい。 矯正治療の開始時期に絶対的な正解は、ありません 歯並びにコンプレックスがあり、今もなお矯正治療を行っていない場合、小学校低学年の子供が矯正装置を付け……

  • 2019/07/24
    大人だけじゃない!?子どもの歯石について
    歯石は大人の歯にだけ付くものではありません。乳歯や生えたばかりの永久歯にも歯石は付着します。では子どもの歯に歯石が付いたときは取ったほうがよいのでしょうか。 歯石とは、プラークが石灰化したもの ブラッシングが不足していたり、上手に磨けていない場合、汚れが歯に残ったままになります。そこに細菌が棲みついてプラークを作り出します。プラークは白っぽくネバネバとした柔らかい汚れで、比較的……

  • 2019/07/19
    子どもに多い歯肉炎
    お子さんに多いお口の中のトラブルは、虫歯だけではありません。歯ぐきが赤く腫れる「歯肉炎」は、お口の中が不衛生な状態で起こります。小さなお子さんから高校生くらいまでよく見られる歯肉炎は、放っておくと大人になったとき、歯周炎になってしまうことがあります。   子どもは歯周病にはならないですが・・・ 歯周病とは、歯肉炎そして歯周炎を含む歯周組織に起こる炎症全般のことを……

  • 2019/06/25
    お子さんの歯並びの乱れは、乳歯の時期から改善が可能です
    乳歯の生え方から、永久歯に生え変わったときの歯並びの乱れが予測できる場合があります。乳歯は永久歯よりも小さいため、乳歯の歯列が隙間なくきっちりと生え揃っている場合、永久歯の並ぶスペースが足らなくなってしまうのです。乳歯がこのような生え方の場合、早めに歯列矯正を開始することで色々なメリットを得ることができるのをご存知でしょうか。   乳歯の歯列に隙間がない場合や顎が小さ……

  • 2019/05/29
    虫歯ゼロを目指して!小児予防治療の必要性について
    乳歯は永久歯が生えることで短い役目を終えます。どうせ抜けるから、と乳歯のケアを怠っていると、後から生える永久歯にも悪影響が出てしまうことがあるため、乳歯を虫歯から守ることが大切です。   酸に非常に弱い乳歯 乳歯は生後6ヶ月くらいから生え始め、3歳くらいに全て生え揃います。小さくて可愛らしい乳歯は成人の永久歯と比べるとエナメル質が薄く未熟なため、酸にとても弱いの……

  • 2019/04/08
    歯をぶつけてしまった・・・!そんなときはどうすればばいい?
    お子さんの場合、遊んでいて転倒した、体育の時間にぶつかったなど、思わぬアクシデントが起きてしまいます。その際、口元を強打して歯が欠けてしまうこともめずらしくありません。今回はお子さんの歯のケガについてお話をしたいと思います。 歯のケガが起こりやすい時期とは? 子供は成長するにつれて行動が活発になり、それとともにケガも増えてきます。まず起こりやすい時期としては、乳歯が生え始めて間……

  • 2019/03/23
    あま~い飲み物は虫歯の危険性大!!
    子どもが大好きな甘い飲み物。飲み物の種類によっては虫歯を引き起こす可能性が非常に高くなってしまいます。今回は、甘い飲み物のリスクについてお話を進めていきます。   子どもたちが大好きな甘い飲み物 暖かい季節になってくると、冷たくて美味しい飲み物が欲しくなります。特に小さなお子さんにとって甘い飲み物は、毎日のように飲みたくなってしまうことでしょう。 しかし甘……

  • 2019/02/21
    自分で磨けるかな?
      赤ちゃんから幼児になるにつれ、自分でできることがどんどん増えてきます。そのひとつが、歯磨きです。 小さなお子さんが自分で小さな歯ブラシを持って歯をゴシゴシする姿、すごく可愛らしいですよね。しかし大半のお子さんは歯磨きが嫌いで、歯ブラシを見ただけで大泣きするお子さんもたくさんおり、保護者の方を手こずらせているようです。 これは恐らく、お口の中に異物が入ることに……

  • 2019/02/11
    少しでもできたら、いっぱい褒めてあげましょう
    大多数のお子さんは、歯医者さんが苦手です。歯医者さんに来るとそれまで笑顔だったのが一転、大泣きしてご両親も困ってしまうことでしょう。子どもは泣いて当たり前。少しでもできればまず褒めてあげることが大切です。 「歯医者さん怖い、大嫌い」。自分から好き好んで歯医者に行きたがるお子さんはごく少数です。歯医者さんはなぜキライなのでしょうか。それは治療が怖いからではなく、何をされるかわからないか……

  • 2019/01/29
    6歳臼歯はとても大切
    6歳臼歯と呼ばれている奥歯は、言葉どおり6歳ごろに生えてくる永久歯で、将来とても大切な役割を持つ歯です。この6歳臼歯を大切にすることは、生涯の歯の健康にも繋がるのです。   とても酸に弱く、虫歯になりやすい6歳臼歯 6歳臼歯は、乳歯が生えている前歯などと異なり、乳歯がない場所から歯ぐきを突き破って生えてきます。生えたばかりの永久歯はどれもそうですが、エナメル質が……

  • 2019/01/21
    思春期に注意すべきこととは
      永久歯が生え揃うのは、およそ14~15歳ごろで、一般的に思春期と呼ばれる時期です。永久歯が生え揃うこの時期に気をつけるべきことについてお話をいたします。   成人に比べて歯質が弱い この時期は保護者の仕上げ磨きを離れ、ファストフードやジャンクフード、スィーツなどをたくさん摂取しやすい時期でもあります。部活やスポーツをしているお子さんは、とにか……

  • 2018/12/12
    「歯が痛いよ・・・」とお子さんが訴える前に親御さんがすべきこととは?
    小さなお子さんに起こる歯のトラブルで最も多いのは、虫歯です。乳歯はエナメル質が薄く弱いため、虫歯菌が出す酸によって溶けやすいという特徴があります。虫歯による細菌感染が神経まで達すると、痛みとなって現れます。まだ小さなうちは痛みに対してそれほど敏感ではないため、もしかすると、ちょっとした歯の痛み程度ではお子さんは何も言わない場合があります。   そのためお子さんが「歯が……

  • 2018/11/23
    思春期の歯肉炎に要注意!
    小学校高学年から高校生くらいの頃、いわゆる思春期と呼ばれる時期は、虫歯をはじめとしたトラブルが比較的多発しやすい時期でもあります。その中でも気をつけなければいけないのが、歯肉炎です。   口腔内の衛生不良により引き起こされる歯肉炎   歯肉炎とは、歯ぐきに付着した汚れが原因で引き起こされる歯ぐきの炎症で、歯ぐきの腫れやブラッシング時の出血などが起……

  • 2018/11/08
    幼少期の頃から定期健診を
    定期健診は成人だけが行うものだと思っていらっしゃいませんか?実は小さなお子さんの定期健診はたいへん重要で、健やかな乳歯および後から生えてくる永久歯のためにも、非常に大きな意味を持っているのです。     予防治療の重要性がずいぶん世間に浸透し、歯を失わないためにも定期健診に通う患者さんが増え始めています。定期健診を受けることで健康な歯の状態を維持し、虫……

  • 2018/10/20
    お子さんの健やかな成長のためには乳歯のケアから
    「乳歯はどうせ抜けて永久歯に生え変わるから、少しくらい虫歯でも問題ないのでは」と考える親御さんはいらっしゃいませんか?確かに乳歯は永久歯が生えると、その短い役目を終え、永久歯へとバトンタッチします。   しかし、乳歯がひどい虫歯になると後から生える永久歯に全く影響がないかというと、そうではありません。大切なお子さんの成長に大切なことは、よく噛んで食べることです。そのた……

  • 2018/10/09
    小児矯正について
    保護者の方にとって、可愛いお子さんの歯並びはとても気になることと思います。特に両親の歯並びが悪かったり、出っ歯だったりすると、お子さんの歯並びや噛み合わせにもにも少なからず影響が出る場合があり、矯正治療を考える親御さんもいらっしゃるでしょう。今回は、お子さんの矯正治療である「小児矯正」についてお話を進めてまいります。   小児矯正について 小児矯正とは、第一期治……