• ホーム>
  • 診療内容 -小児歯科・矯正治療-

痛くない怖くない歯科医院

子供のうちに矯正を始める9つのメリット

  • 無理なく出っ歯や受け口など骨格矯正ができる
  • 本人が気にする前に治療を終えられる
  • 歯並びを悪くするクセを早期に治療
  • 未来の疾患や虫歯、歯周病の予防ができる
  • 早期治療でトータルの治療期間が短くなる
  • 生涯の歯科治療費を節約できる
  • 大人になって歯を抜くリスクが減る
  • 出っ歯を治すと横顔が整う(鼻筋がスッキリ見える)
  • 写真映りがよくなる

小児矯正治療について

対象年齢の目安

1期治療(骨格矯正)6~12歳

骨が柔らかいうちに骨格が原因の受け口(反対咬合)、出っ歯(上顎前突)を治療します。

2期治療(歯列矯正)10歳~大人

歯並びを整えるためにマウスピースやワイヤーを使った矯正治療を行います。

初めてのお子さんには治療を行いません

初めての歯科医院は、お子さんの歯医者に対する印象に大きな影響を与えます。当院では初めてのお子さんには、治療器具に慣れるため治療の練習を行います。そして治療ができたらキャラクターの消しゴムをプレゼント。まずは歯科医院や、診療台や治療の流れに慣れてもらい、医師や衛生士とお子さんとのコミュニケーションを最優先にします。

怖がりなお子さんや、痛みや機械音が苦手なお子さんは、「初めての歯医者さん」は当院で、治療の練習から始めてみませんか?

当院は担当医制です

当院では一般歯科(虫歯、予防治療)、矯正歯科も同じ担当医が行います。

虫歯にならないお口の環境づくりから、削らない治療法、骨の成長に合わせて無理なく矯正できる治療法など、定期的にお口の状況を拝見し、お子さんの成長にあわせて、矯正の開始時期などアドバイスを行います。

小さいうちから予防治療を始めましょう

虫歯になる前の予防措置が、お子さんの将来の歯の健康を守ることにもつながります。

虫歯治療はもちろんのこと、虫歯にならない口腔環境を維持するために、歯みがき指導、予防治療、フロアゲルを使ったフッ化物歯面塗布法で、虫歯ができない歯質作りをサポートいたします。

小児歯科・小児矯正コラム

column
  • 仕上げ磨きしても次から次へと虫歯ができるのはどうして?

    2021/03/24
    仕上げ磨きしても次から次へと虫歯ができるのはどうして?
    可愛いお子さんの歯を虫歯から守るために、親御さんは一生懸命仕上げ磨きを頑張っておられることと思います。   しかし、ひとたびお子さんの歯が虫歯になると、次から次へと新たな虫歯が作られてしまう傾向があり、親御さんにとっては「毎日仕上げ磨きしてるのになぜこんなに虫歯ばっかりできるんだろう」と悲しくなってしまうかもしれません。   小さなお子さんの歯は……

  • 生えてきた永久歯が黄色いのはなぜ?

    2020/10/22
    生えてきた永久歯が黄色いのはなぜ?
    可愛い乳歯はサイズも小ぶりで、色も乳白色です。そのため乳歯列のお子さんの笑顔は、歯の白さが際立ちますよね。 しかし生え変わった永久歯は黄色味が強く、正直あまりきれいな色とは言えません。また永久歯の歯の色を見て、「歯の病気なんじゃないか」と心配される親御さんもいらっしゃると思います。では生えてきた永久歯は、なぜ乳歯よりも黄色いのでしょうか。 永久歯が黄色い理由   白く……

  • 2020/07/13
    矯正の装置をつけたまま体育の授業は大丈夫?
    第一期治療と呼ばれるお子さんの歯並びの治療法は、取り外し式装置を使った「床矯正」です。金具がついたピンク色の装置を使った床矯正は、お子さんの矯正治療をスムーズに進めるために効果的な治療法ですが、いざ日常生活を送る上で「体育の授業中は装置はどうするの??」などという疑問も生じてくることでしょう。今回は、床矯正による日常生活の疑問点についてお話いたします。 床矯正によるメリット は……

  • 2020/05/25
    思春期に起きやすい「思春期性歯肉炎」とは?
    歯ぐきの腫れや出血を伴う歯肉炎は、低年齢のころから比較的よく起こる症状です。特に小学校高学年から中学、高校生くらいによく見られる歯肉炎を「思春期性歯肉炎」と言います。今回は、思春期性歯肉炎についてお話いたします。 思春期性歯肉炎とは? 歯肉炎は、歯と歯ぐきの境目に付着するプラークによって歯肉に炎症が起きる症状を言います。歯周病の前段階とも言える歯肉炎の主な症状は、歯ぐきの腫れと……

  • 2020/02/27
    可愛い赤ちゃんの歯を虫歯から守るために
    産まれたばかりの可愛い赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌は存在しません。しかし小さな乳歯が生え始め、離乳食が始まると虫歯リスクが生じます。では可愛い赤ちゃんを虫歯から守るためには、どのようにすればよいのでしょうか。 虫歯菌の代表格「ミュータンス菌」は大人から感染する 虫歯菌は歯の表面に付着し、酸を出して歯を溶かして虫歯にします。もし生まれたばかりの赤ちゃんに虫歯菌が入り込んでしまっ……

  • 2019/11/18
    お子さんの歯の白濁、放っておいても大丈夫?
    一般的にお子さんの歯は歯質が弱く、酸に溶けやすい、つまり虫歯になりやすいという特徴があります。その前段階として、歯の表面が溶けて白く濁りますが、この状態を放っておいても大丈夫なのでしょうか。 歯質が薄い時期は酸に溶けやすい 乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質が薄く、酸にとても溶けやすくなっています。そのため虫歯になりやすい食生活を送っていると、あっという間に虫歯に進行してし……

  • 2019/02/11
    少しでもできたら、いっぱい褒めてあげましょう
    大多数のお子さんは、歯医者さんが苦手です。歯医者さんに来るとそれまで笑顔だったのが一転、大泣きしてご両親も困ってしまうことでしょう。子どもは泣いて当たり前。少しでもできればまず褒めてあげることが大切です。 「歯医者さん怖い、大嫌い」。自分から好き好んで歯医者に行きたがるお子さんはごく少数です。歯医者さんはなぜキライなのでしょうか。それは治療が怖いからではなく、何をされるかわからないか……