短期間で歯並びを整えたい方におすすめな部分矯正とは?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

短期間で歯並びを整えたい方におすすめな部分矯正とは?

部分矯正とは
「部分矯正ってなんだろう?」
「私の歯でも矯正できるのかな?」

前歯が1本だけ傾いていたり、歯と歯の隙間が気になったり、部分的に矯正をしたいと思っていませんか。

部分矯正とは、歯全体ではなく部分的に矯正を行う治療方法です。

部分矯正が広まってきたことにより、全体矯正よりも部分矯正を希望される患者様が増えてきました。

患者様の費用や歯並びの状況に合わせて、全体矯正から部分矯正に切り替えるケースも増えてきています。

この記事では、部分矯正の特徴や部分矯正が向いている人の症例をお伝えしていきます。

気になる歯並びを整えて、キレイな口元を目指しましょう。

部分矯正とは

部分矯正は、歯の気になる箇所のみ整える矯正方法です。

歯全体に矯正装置を付けることはなく、部分的に必要最小限の装置を取り付けて矯正をおこなっていきます。

部分的な矯正を目的としているため、一部の歯のみを移動させ歯並びを整えることはできますが、全体の噛み合わせを改善することはできません。

「前歯が1本だけ傾いている」「歯と歯の間に隙間がある」「歯並びが少し歪んでいる」など気になる部分のみの矯正に最適です。

部分矯正の特徴

部分矯正の特徴は主に3つあります。

・前歯だけを整えられる
・治療期間が短い
・リーズナブルな治療費用

歯1本から矯正できる

出っ張った前歯やねじれた前歯など、矯正したい部分にのみ装置を付けて、1本の歯だけを矯正できます。

矯正装置は、「ワイヤー矯正」「マウスピース矯正」「セラミック矯正透」から選べます。

治療期間が短い

全体矯正に比べて、部分矯正は治療期間が短くなります。

全体矯正は1年半〜2年程度の期間をかけて歯を動かしていきますが、部分矯正は最短3ヶ月〜半年程度で歯並びを改善できます。

リーズナブルな治療費用

部分矯正は、歯全体ではなく部分的に歯並びを整えるため、低価格で治療ができます。

矯正の本数や歯の状態によって金額が異なり、全体矯正の1/3〜半額程度の金額で治療できるケースが多いです。

部分矯正のメリットとデメリットについて詳しく知りたい方は、以下をご覧ください。

部分矯正のメリットとデメリット(内部リンク)

部分矯正に向いている症例

部分矯正には、以下の症例が向いています。

・八重歯
・すきっ歯
・歯のねじれ
・軽度の出っ歯

特に、部分矯正に最適なのは、比較的症状が軽度な場合です。

前歯の1本2本がずれている、歯に隙間が空いているといった症状に有効です。

八重歯

八重歯とは、「糸切り歯が正しい位置にない」「歯並びから1本だけ外に飛び出している」状態のことです。

あごの大きさや永久歯の大きさによって、スペースが足りない場合に、1本だけ外に飛び出してしまうことから起こる症状です。

八重歯と放置すると、「虫歯になりやすい」「粘膜が傷つき口内炎になりやすい」といったデメリットがあるため、部分矯正でキレイに整えることをおすすめします。

すきっ歯

すきっ歯とは、歯と歯の間に隙間ができてしまう歯並びのことです。

空隙歯列(くうげきしれつ)や歯間離開歯(しかんりかいし)とも言います。

すきっ歯の原因は、生えてきた歯が生まれつき小さいことや、日常の習慣や癖によるものです。

特にほおづえをつく癖がある人や決まった体勢で寝る習慣があると、顎に影響を与えて噛み合わせがおかしくなります。

すきっ歯を放置すると、虫歯や歯周病になりやすかったり、発音がしづらかったりします。

また、噛み合わせが悪いため、食べ物をしっかり咀嚼できません。

そのため、矯正によって歯の隙間を埋める必要があります。

歯のねじれ

歯のねじれとは、前歯が通常よりもねじれている(回転している)状態を指します。

捻転歯(ねんてんし)とも言われます。

歯がねじれてしまう原因は、歯を並べるスペースが不足していることです。

顎の骨が小さいとすべての永久歯がキレイに並ぶことができずに、1本の歯にシワ寄せがきます。

歯がねじれていると、歯ブラシによるブラッシングが困難となり、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。

矯正によって適切な向きに整えたほうが、歯の健康を守ることにつながります。

軽度の出っ歯

出っ歯とは、上の前歯だけが出ている状態のことです。

出っ歯の原因は、遺伝によって前歯が前方に位置していることや顎の骨のバランスが悪いことがあげられます。

また、後天的に出っ歯になるケースもあり、「口周りに出っ歯になりやすい癖がある」「背中を丸めて食事をしている」などの原因があります。

出っ歯はコンプレックスになりやすいほか、「歯垢が溜まりやすい」「口呼吸になりやすい」などのデメリットがあるため、部分矯正で出すぎた歯を元の位置に戻しましょう。

部分矯正の治療方法

部分矯正には複数の治療方法があります。

・ワイヤー矯正
・マウスピース矯正
・セラミック矯正

基本的には、担当医と患者さまで相談のうえ、治療方法を決定していきます。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは、ワイヤーやブラケットを歯の表面や裏側に取り付けて、歯を動かす治療法です。

ワイヤー矯正は、歯に加える力が強いため歯の移動速度が速いことや、さまざまな方向に歯を移動できます。

しかし、他の矯正と比べて痛みが強いことや、矯正器具が目立ちやすいなどのデメリットがあります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、透明なマウスピース型の装置を取り付けて歯を動かす治療法です。

マウスピースは透明であるため、歯に装着しても目立ちません。

自由に取り外すこともできるため、マウスピースの洗浄や通常通りの歯磨きをおこなうことで、口腔内の衛生状況を清潔に保てます。

一方で自由に取り外せることから、装着時間が自己管理となります。

また、マウスピース矯正は縦の動きや苦手であることや、抜歯が必要なケースは不向きです。

セラミック矯正

セラミック矯正とは、セラミックの被せ物を自分の歯に被せる治療法です。

傾いている歯や大きい歯を削り、上から人工歯(セラミック)を被せます。

歯を削ってセラミックを被せるだけなので数日で治療が終わるため治療期間が短いです。

しかし、健康な歯を削らなくてはいけないため、歯の寿命を縮めるリスクがあります。

また、ワイヤー矯正やマウスピース矯正と違って歯の位置や傾きを根本的に治すわけではないため、噛み合わせに問題がでるケースもあります。

部分矯正の費用

部分矯正の費用は、全体矯正の1/3~半額程度です。

分割払いにすることで、月数千円程度で治療を受けることもできます。

デンタルローンを活用することで、クレジットカードよりも低金利で借りることもできます。

まとめ

部分矯正とは、気になる部分だけを整える矯正治療です。

・前歯だけを整えられる
・治療期間が短い
・リーズナブルな治療費用

といった特徴があるため、「一部分だけを矯正したい」「短期間で安く矯正したい」といった人におすすめです。

特に「八重歯」「すきっ歯」「歯のねじれ」「軽度の出っ歯」などの症状をお持ちの方には部分矯正が最適です。

全体矯正の半額以下の値段で治療できるため、部分矯正に興味がある方は一度ご相談ください。

はぴねす歯科の矯正について